« 積雪60cm | トップページ | 笑顔のひこにゃん »

財産

Nabana


この間 読んだ本に

こんなことが書かれていた。

ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー

ある経営者が亡くなった。

手広く事業をし 財産家となり

多くの人に 賞賛されていたので

天国に行っても

それなりに 暮らせると思っていた。

その世界で お世話をしている人に

連れていかれるままに

歩いていると

とても立派な家が見えて来た。

「あー、この家が私の家ですね?」

そう聞くと

「いいえ この家ではありません。」

との答え。

それから

進むたびに

どんどん 家の質が落ちていくのが分かる。

男性は

「どうしたんだ おかしいじゃないか。

私は 生きている時に とても稼いだんだぞ!

良い家に 住む資格があるだろう?」

そう言って お世話係に詰め寄った。

お世話係が

「お待たせしました。

こちらが あなたの家です。」

そう言って 見せた家は

とても粗末な家だった。

理由を聞くと

「あなたが こちらに送ったもので建てた家です。

あちらの世界では 立派な家を建てたかもしれませんが

この家は 他の人への思いやりや

愛情 親切なふるまいなどが

材料になっていますので

これだけのものしか建てられませんでした。

残念ですが ...。」

ーーー☆ーーー☆ーーー

なんだか クスッと笑えるのと同時に

身が引き締まる思いがした。

誰にも取られることのない財産を

自分の内側に 積まなくては(*^-^*) ゞ

|

« 積雪60cm | トップページ | 笑顔のひこにゃん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 積雪60cm | トップページ | 笑顔のひこにゃん »