« 丙申(ひのえさる) | トップページ | 玉菊の小ばさみ »

__kiyomizusan


「金魚のエサ 知らない?」

ある日 主人がそう言った。

「え!?知らないよ。

エサをあげている時 電話が鳴って

違うところに 置いたんじゃないの?」

「ううん。 そんな覚えはない。

おかしいな・・・・。」

仕事場の金魚のエサは どこを探しても

見つからないので 仕方なく新しいのを買ってきた。

それから

またもや 買ってきたエサが無くなっている!

これは 事件だ!!

いろいろ検証してみると

仕事場の扉が 少し開いていることが

たまにあるという事実が判明した!

そしてついに あの猫の仕業らしいことが

分かった。

現行犯ではないので 捕まえることは

出来ないが

エサのにおいを嗅いで 辛抱できなかったに

違いない。

それからは

エサは ビンに詰め替えているので

無くなることはないし

扉も 開かないようにしている。

そして昨日

仕事中に

カラカラカラ と音がした。

主人が見ると

猫が 鼻先で開けているのを見つけ

目が合ったので

「コラー!」と怒ると一目散に逃げていったそうな。

まさか

猫が 扉を開けて作業場に入り

金魚のエサを くわえて去ったとは

思わなかったので 

しばらくは 状況が分からず気持ち悪かったが

犯人いや犯猫が分かって 良かった。

金魚のエサは よほど良い匂いがしたんだろう。

野良猫にしては ふくよかで

綺麗な猫だし 人間にも慣れている感じなので

どこかの飼い猫だと思うけれど

どうなのかな・・・?

次に

何を仕掛けてくるのか!

なかなか 気が抜けない日々が続きそうだ・・・。

(*^-^*)

|

« 丙申(ひのえさる) | トップページ | 玉菊の小ばさみ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丙申(ひのえさる) | トップページ | 玉菊の小ばさみ »