« 美味しかったのに〜! | トップページ | 怪しいものではございません。 »

神様のポケット

Simoda15_2


「置かれた場所で咲きなさい」

という

ノートルダム清心学院理事長をされている

渡辺和子さんの本の中に

こんなことが書かれている。

30代後半で4年制大学の学長に任命された

著者は

教職員や学生からあいさつされるのが

当たり前と考え

そうしない相手に憤りを感じる傲慢さがあった。

その渡辺さんが

「ほほえみ」という詩に出会って変わったそうだ。

内容は

自分が期待した ほほえみがもらえなかったとき

憤ってはいけない。

むしろあなたのほうから ほほえみなさい。

ほほえむことの出来ない相手こそ

あなたからのそれを

本当に必要としている人なのだから

なるほど これこそが

自分がされてうれしいことをしなさいという

愛の教えであると思い実行したのにも

かかわらず 無視をする人が現れたとき

渡辺さんは こう考えるようにしたそうだ。

「今の私のほほえみは 神様のポケットに

入ったのだ。」

そうして 災害などが起こったとき

必要としている人に 神様からそのほほえみが

与えられるのだと。

(この部分は 金スマという番組で話をされていた。)

そう考えると

心に笑顔のある うつくしいわたしで

あることができる。と

神様のポケットは

そんなほほえみがたまっても たまらなくても

大きく 暖かそうだ・・・。(^0^)

|

« 美味しかったのに〜! | トップページ | 怪しいものではございません。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味しかったのに〜! | トップページ | 怪しいものではございません。 »