« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

偉大なる、しゅららぼん

Image


彦根市民としては

見ないわけにはいかない!

と言うことで

先日 見て来た。

見慣れた風景が

スクリーンに映し出されると

なんか不思議な感じがして

引き込まれた。

何も考えず

わけの分からない世界に

浸れたので

こういう映画を見るのもあり!(^O^)


| | コメント (0)

ウソー!2連発

Image

お皿に

今まで食べたことがない料理を

取り分け


さあ いただきましょう!

と思ったら

目覚ましの音が。。。


ウソー!

あと10秒

いや せめて5秒あったら

どんな味か分かったのに。(・_・;


深い溜息とともに

やっとのことで起き上がり

カーテンを開けると


ウソー!


まさかの雪

えー‼

油断してた…。


朝から

こんな思いをしたら

今日は

きっと 良いことしか起こらない‼

わーい(^O^)


| | コメント (0)

え?三蔵法師って え~~!?

As8

世の中には 自分が思い込んでいることが

まったく違うということが あるものだ・・・。

三蔵法師は 

中国の伝奇小説 「西遊記」に登場する人物の名前だと

思い込んでいたが

仏教の経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に精通した僧侶(法師)のこと

を言い 最高位の尊称であって固有名詞ではなく

西遊記の三蔵法師(玄奘)は

数ある三蔵法師のうちのひとりなのだそうな。

さらに

三蔵法師の下の位に

国師 大師が居て

弘法大師=空海などは 

その大師に当たるそうだ。

歴史上 日本人僧の中で唯一「三蔵」の称号を与えられたのが

近江出身の興福寺僧・霊仙。

霊仙は804年 最澄や空海と同じ遣唐使の一行として

唐に渡り

長安で仏典の訳経に従事し

その功績を認められ

憲宗皇帝より「三蔵」の称号を賜った。

皇帝からの信頼が厚く

結局 日本に帰ることが出来ずに

そのまま 残ったそうだ。

日本に帰って来ることが出来ていたら

ひょっとしたら

三蔵法師をきちんと理解できている私が

居たかもしれない・・・・。(*^_^*)ゞ

しかし・・・。

今回 真実を知ることが出来て

良かったというか ホント ビックリ!!(*^_^*)

| | コメント (0)

対義語

Ai2

昨日のTVの番組内で

対義語の話になった。

対義語とは 

互いに意味が反対の関係になる言葉

ということになる。

たとえば

圧勝 の対義語は  完敗

一瞬 は        永遠

喧騒 は        静寂

それでは

総合 の対義語は・・・・?

え!?

総合?

わからない・・・。

むずかしい・・・。

分割かな・・・・?

で 答えは

分析 だと!

答がわかっても なんだかピン!とこなかった。

ウィキペディアにも

総合(そうごう)とは、本来の意味は

別々のものを一つにまとめる事(対義語は分析)。

と載っていたが

なんだか まだしっくりしない。

気持ちがスッキリしない状態が続いている。

しかし 世の中には

割り切れない色んなことがあるものだし

そういうものだと思うしかないか・・・。

ということで

総合の対義語は分析! (*^_^*)

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »