« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

まっさら

Hana54

知人の奥さんと、ゆっくり話す機会があり

とても考えさせられることを聞いた。

その人は、次男のお嫁さんで

90歳過ぎた お義母さんを

長男の嫁であるお義姉さんから

引き取るというか

その人の言葉では

「内緒で、連れて来ちゃった。」(*^_^*) 

そうだ。

だからと言って

お義姉さんと 仲たがいしている訳ではなく

普通に行き来していて 関係は良好だという。

お義母さんは

引き取ってから 2年半のち

三時のおやつを食べた後

仕事場の掃除をしている時に倒れて

そのまま息を引き取った。

その奥さんが言うには

「私は まっさらな状態で引き取れたの。

お義姉さんは 嫁いできて何十年も

一緒に暮してたから

お互いが まだ若いときから

いろんな状況があって

記憶が 素直になることを拒んでいたのね。

どっちが どうではなくて

目の前のお互いの今を 冷静に見ることが

出来ない状態にあったから

かわいいお婆ちゃんとして

受け入れることが出来た私が

最後は 看させてもらったの。」

人は 変化する。

時間は 人を変えるし

肉体も変わる。

でも その時々に昇華していない記憶は

ずーっと 今そうかのように

そこへ留まってしまう。

必要の無い記憶は とっとと手放して

まっさらな状態で

自分のことも 周りの人も

受け入れられたら

きっと この先も うまくいく!

そう思う。(*^_^*)

| | コメント (0)

平均年齢が、下がってきた!

Yae_2

最近

「ネットで調べて来ました。」(*^_^*)

という 若いお客様が増えてきた。

聞きやすそうな雰囲気を持つ方には

「どういう検索をされたんですか?」

と 検索ワードを聞いてみたりして

参考に させていただいている。

ネットを調べて来てくれるお客様は

ほとんどが 20代~40代。

うちのお客様は 今まで

50代~80代が多かったので

平均年齢が 俄然下がった。

ということで

幅広い年代層のお客様に

認知されつつある!・・・・のか?

写真は 近所にある平田川の八重桜。

近くの方々が 苗木を植え

丹精を込めて 育てて来られたお陰で

近年 綺麗に咲くのを見られるようになった。

季節は 着々と進んでいる。

もうすぐ ツツジも咲くし

しゃくなげも♪

やっぱり 日本っていいな~~~。(*^_^*)

| | コメント (0)

忘れた頃に やって来た。

Bu1

郵便物の中に 見慣れない封筒がまぎれていた。

小学館?!

え?私 何か やった?

いやいや 何もしてないけれど

何だろうこれ。

封を 開けて やっと思い出した。

そういえば ずいぶん前に

クイズに 応募したんだった。(*^_^*)

『ご当選 おめでとうございます!』

って なんだか とってもうれしいな~~~♪

当たったのは 

500円のQUOカードだったけど

幸せな気分は 金額には関係ないな。

わーい どうもありがとうございます!

v(。・・。)イエィッ♪

| | コメント (0)

就寝中の地震

Hana50

朝方の揺れは

(あ、揺れてる・・・・。地震だ。

あ~~~、また揺れた。今度はちょっと大きい!)

といった感じの揺れだった。

大きくグア~ンという揺れだった

東日本大震災の揺れとは 明らかに違って

あまり心配要らないなと 思いつつ

隣で寝ていた主人に 思わず

「地震だね。」と声を掛けたほど

ハッキリした 揺れだった。

その後 2度寝をして

起きてから 淡路島が震源で

大きな地震を経験されている地域が

かなり揺れていることを知り

さぞかし怖い思いをしたのではないかと

思いを馳せた。

彦根では 震度3で

私が 2度寝が出来たぐらいの

揺れだったけれど

就寝中の揺れは 身体中がまともに

受けるので やはり気持ちのいいものではない。

液状化現象や 屋根の瓦が落ちたり

怪我をされた方もいるそうで

余震が 来ませんようにと

願わずにいられない。

お願いします。揺らさないでね!

| | コメント (0)

咲いた~咲いた~♪

Hana55

子供の頃 たとえば幼稚園の時の

お絵かきの中の花といえば

チューリップが 定番だったような気がする。

さらに 歌も 

「咲いた~ 咲いた~ チューリップの花が~♪」

と チューリップは モテモテだった。

でも 大人になっての花といえば

やはり 一押しは 桜ということになる。

のかな。

考えてみたら

桜の絵は わずか5~6歳では

そう簡単に 画けないし

桜の花の 幼い子供向けの歌って

そういえば あるのかな・・・?と

真剣に 考えてしまった。

私が 思い出せないだけなのか

それとも 桜に象徴される

人生の悲喜こもごもが 幼い子供には

まだまだ 遠い世界のことなので

つながらないからなのか・・・・?

ふーむ。( ̄^ ̄) 

むじゅかしい。

| | コメント (0)

子育てしぐさ

Hana12

江戸時代 丁稚の小僧を 優秀な丁稚に

育てるためのマニュアルがあったそうな・・・。

その教育方針が

三つ 心

六つ 躾(しつけ)

九つ 言葉

十二 文(ふみ)

十五 理(ことわり)で 末決まる。

という 言葉に集約されている。

人を成長させる為のプロセスを

わかりやすく 説いていたそうだ。

三つ までは 心の豊かさを教えなさい。

心と身体をつなげて 感性を磨きなさい。

愛情を注いで 

豊かな心に従った行いをし 

感性豊かな表情を持った子供が育つように。

六つ までは 躾をしなさい。

ここでいう躾とは 日常の挨拶や

人として生きることの 必要な常識のことをいい。

それらを しっかりトレーニングしなさい。

九つ までは 言葉。

つまり 挨拶ができるようになった上で

相手のことを ねぎらうような言葉を

言えるようになりなさい。

たとえば 

「こんにちは 今日は暑いですね。

お加減は その後いかがですか?」と

いったような・・・。

(考えたら 九つの子供が こういう言葉を

かけてくれたら 今は ちょっとある種の

怖さを感じるかもしれないけど・・・。)

十二歳までには 文章を書けるように

しておきなさい。

挨拶状 お礼状 お詫び状

それぞれの季節のご挨拶も入れて

きちんと書けるように しておきなさい。

十五歳までには世の中の理(ことわり)

森羅万象を理解させておきなさい。

つまり 元服までには

子供を大人として育て上げ独り立ちさせ 

それからは 親の責任でなく

その子自自身が責任を持って人生を

歩みなさいと結ばれていた。 

すべての元になるのは 心。

躾をする前に しっかりと心を養いなさい。

江戸時代が 繁栄していたのは

基本の心が しっかり育まれていたからかなと

思えるマニュアルだ。

タイムスリップするなら 

やっぱり 江戸時代かな。(*^_^*)

| | コメント (0)

2013.4.9 彦根の桜情報

S3

今月 5日に満開を迎えた桜。

次の日から 嵐となり 土曜日・日曜日は

いじわるな風雨を耐えて

今日 9日は

散り始めた花びらが 

風の強弱に 身をゆだね

青空を 舞っている。

S2

裏の土手を 上がると

桜のトンネルが・・・・。

S1

見上げると 空が青い。

もう少しで 見納め。

今年も 桜に ありがとう!(*^_^*)

| | コメント (0)

2013.4.5 彦根の桜情報

Sakura6

昨日は それほどではないと

思っていたのに

今朝は ほぼ8分咲きと思えるほどになった。

ここ 数日 曇り空の中での

お花見だったので

青空に ピンクの花びらがよく映えて

春爛漫という感じだ。

Sakura5

家の裏の土手を上がり

対岸に目をやると

彦根城が桜越しに見える。

今日は 天気も良いし

お花見には もってこいの日和。

明日 あさっては 荒れた天気になると

予報されている。

まだ 咲き始めたばかりなので

花散らしの雨には ならないと思うが

やっと咲いた桜には 気の毒な

雨になりそうだ。

季節は 春!

そう思うだけで うれしい。

v(。・・。)♪

| | コメント (0)

2013.4.2 彦根の桜情報

Sakura10

彦根の開花は 先月の30日

平年より 3日だけ早いそうだ。

写真は 31日の日曜日

彦根城近くのお店に用事があったので

行ってみたら 

まだ ほとんど咲いていなかった。

今日は 2分咲きぐらいで

午後から雨も降ってきた。

週末も雨が降りそうなので

彦根城の桜の見頃は

来週になりそうだ。

満開の時に

また

夜桜を見に行ってみようかと

思っている。

人々のざわめきが

消えた後の

桜のたたずまいは 

日常を忘れて 

不思議な世界に入り込める。(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »