« 今年の雪は 量より回数 | トップページ | なかなか 着けない店 »

いいことが 怒涛のように押し寄せる!

Hana20 

最近になって 心理カウンセラーの

心屋仁之助さんのメルマガを読み始めた。

これが すごく面白い!

一番最初のメルマガ (2005年8月)から読み始めているので

まだまだ 楽しみがいっぱいあって 幸せな気分でいる。

興味のある方は↓   

http://archive.mag2.com/0000168185/index.html

までどうぞ。

で 今回は長くなるけれど

心屋さんの人生を大きく動かした

銀座まるかん創始者 社長 斉藤一人さんのお話が 

素敵なので 紹介しますね。(心屋さんのメルマガから転載)

 「ひとりさん、世の中って、不幸な人と幸せな人って一杯いるよね。

  で、不幸な人はなんで不幸になっちゃうの?   幸せな人は、なぜ幸せになるの? 」



  それはね 「言葉」 なんだよ。






 

  −−− 【第32話 言霊(ことだま)】−−−−−−−−−−−−−−−−−


 


  いいことばかりが続いて、この言葉を言ってると天国にいける言葉と、

  この言葉を言ってると、悪いことが連続して、

  そのまま地獄に行けるっていう言葉があるの。

  
  それで、悪いことが起きてる人間って、必ずコレを言ってるから。



  天国に行けることば。

    ・ついてる
    
    ・うれしい、たのしい

    ・感謝してます

    ・幸せ

    ・ありがとう

    ・許します(後で追加されました)



     コレをいつも言ってる人がいるの。



  で、コレじゃない言葉があるの。

  まっすぐ地獄に行けるという、迷わず、浮遊霊にもなれないぐらいね  (爆笑)


    ・不平、不満
  
    ・愚痴、泣きごと

    ・悪口、文句

    ・心配ごと

    ・許せない(コレもあとで追加されました)



  ▲この上の言葉、5つずつ、是非メモして下さい。とても大切です(佐伯)
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



  
  それでね、怒ってる人見ると、

  あと、「あの人の言葉って毒がある」

  それから「あの人、毒吐くよ」って言うけど、


  実は人間って万物の霊長だから、毒蛇にできるぐらいのことは実は出来るんです。

  
  それで、ケンカしたりなんかして罵りあってる時って、毒があるんです。
 
  言葉に。





  この怒ってるとき、いかってるとき、この時の息を圧縮して調べると・ですね、

  とんでもない毒性があるの。
  注射したりすると人間がイチコロで死んじゃうぐらいの毒があるの。



  だから、夫婦で罵りあったりすると、家の中が毒で充満するの。

  そうすると、子供がそれを吸って部屋を浄化しようとするの。



  そうすると、それだけで子供がアトピーになっちゃったり、
  喘息になっちゃうこともあるの。

  それぐらい毒気がすごいの。



  いつも繁盛してたお店でも、愚痴とか泣き言とか、夫婦喧嘩するでしょ。
  そしたら、お店に毒気が溜まるの。

  そうすると、お店に入ってきた人は、その毒を察するから
  何かモノ買ったら、すぐに帰っちゃうの。毒に耐えられないの。


  で、たまに耐えられる人がいるのね。


  そういう人は、もっと毒持ってるの(笑)


  だから、そういう人が居座っちゃうと、もう

  悪口言うか、泣きごと言うか、もう やんなっちゃうぐらい言うの。



  だから、人生うまくいってない人、ね、

  それから、仕事がうまくいってない人、


  不平不満とか、グチ、泣き言、

  「うちの子供が心配なのよ」とか、もうね、そんなことばっかし言ってるの。


  で、コレを言ってて、いいことは一つもないです。


  

  「うちのタンナがね、やんなっちゃうの」  



   とか、どーのこーのって、







    ・・・・




















       「別れちゃいな」          爆笑 (≧▽≦)








  「子供のためにガマンしてるんです」 って言いながらガマンしてるんだったら、

  別れちゃいな。


  別れることよりも、そのグチを言ってることのほうが悪いの。




  別れたって幸せになる人はいくらでもいるけど、
  
  そのグチを聞かされながら健康になる子供とか、

  幸せになる人って、いないんだよね。



  会社の上司でも何でもそうなの。

  「もう、あの人イヤんなっちゃう」「この人、ヤんなっちゃう」って


  言葉には不思議な力があるの。




  「幸せだなぁ」って言うと、

    もう一回言わなきゃならない現象が、必ず起きるっていう法則があるの。


  だから、泣きごとを言って、ダンナの泣きごとを言ってると

  また、悪口を言わなきゃならないことが必ず起きるの。

 
  そうすると、また、言うの。





  そして、エンドレスで言わなきゃなんないの。


  わかるかい?




  
  で、言いながら自分の運勢が悪くなっちゃうんだよ。


  ね、


 
  だから、それやめようね。





  10年以上も前に教えたことです。

  で、たったこれだけなの。


  この言葉、どっち使ってますか?





    だから、ほんとに天国行きの言葉使ってて、不幸な人っていないの。



  会社で「やんなちゃうのよ」って、



  あんた、言葉変えてみな。








  「類友の法則」ってのがあるんだよ。


  
   
  

|

« 今年の雪は 量より回数 | トップページ | なかなか 着けない店 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の雪は 量より回数 | トップページ | なかなか 着けない店 »