« それは・・・嫌かな。 | トップページ | イマジンを またゆっくり聞いてみた。 »

アナスタシア 読後

Clipboard

「アナスタシア 読んだら送るね♪」

という妹からのメールの2~3日後

「アナスタシア すごいよ!

この本は こっちで友達にも紹介したいから

お姉ちゃんの分は 注文した。

10日ほどかかるそうだから 楽しみに待っててね。

予定数より出ているってことだよね。」というメールが来た。

そして 約10日経って 送られてきた本を

読もうとすると 怒涛のように用事が押し寄せ

なかなか読めない日々が続いたが

数日後 やっと 読める時間ができて 

読み始めると なんともいえない不思議な感覚に

包まれ その世界に引き込まれていった。

読み終わって 自分の中に湧き上がってきた感情を

うまく表現するのは むずかしい。

しかし 物質社会にどっぷり浸かっている自分にも

子供の頃の純粋な気持ちが まだ残っていることに

気付けただけでも 良かった。

これは 本当に起こった出来事なのか!?

アナスタシアの口から発せられることは 真実なのか!?

それは 各自が感じたり 考えることが

大事なのではないかと思う。

アナスタシアは 全ての人が内側に持っている光の感覚に気付き

それを放つことを 願っている。

一人の光は 強いものでなくとも

多くの人が集まれば その光は やがて闇を光に変えることが出来る。

アナスタシア仲間が 日本にも どんどん増えている~(*^_^*)

|

« それは・・・嫌かな。 | トップページ | イマジンを またゆっくり聞いてみた。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それは・・・嫌かな。 | トップページ | イマジンを またゆっくり聞いてみた。 »