« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

ローフード (3)

Conv0041_4

ローフード(65%程度ではあるけど)を始めて

2ヶ月弱経過。

苦痛を感じることなく ストレスも生まず 美味しく食べ 5kg減。

今までのダイエットは ほんとうに なんだったんだ (*^_^*)ゞ

ちなみに 今の体重は 7年ほど前の体重と同じで

BMI値でいうと 21.3ぐらいだが

組成的に見ると もっと筋肉量を増やして

脂肪を削る必要があるのが ちょっと悔しい。 

では ローフードについて 続きを

『どうして 身体にいいのか』 (石塚とも「ローフード」コラム2参照)

ローフードには「水と酵素を取り入れて体内の新陳代謝を良くする」以外に

もう一つ大きな魅力がある。

それは 加熱食品に比べて 消化にかかる体の負担が圧倒的に

少ないということ。

1日3食 一般的な食事をすると 

消化の為に フルマラソン一回分 約2000カロリー!!を使うのに

何故痩せないのかというと 酵素不足の状態では

食べたものが十分に消化・吸収できずに

老廃物=脂肪として 蓄積されるからだという。

でも 反対に身体が消化の負担から解放されると

そのエネルギーは 新陳代謝をうながし

弱った部分を直し より活発な生活を送れるようになる。

「消化」という視点から考えたとき

1日24時間は 3つのサイクルに分かれており

  午前4時~正午まで      排泄の時間

  正午~午後8時まで      消化の時間

  午後8時~午前4時まで    吸収の時間

となっていて 排泄の時間である午前中に

果物以外のものを食べると 消化にエネルギーがとられ

体内の老廃物を 身体の外に出しにくくなってしまう。

胃が空っぽである場合 果物やフレッシュジュースは

胃の中で 消化活動を必要とせず

約20分ほどで 胃から腸に送られ 身体の負担を最小限に留める。

もちろん ローフードだけの食事でない場合も

先に 生野菜のサラダを しっかりとることで

酵素が後からの 加熱した食べ物の消化を助けることになるので

漬物なども 先に食べると 胃がもたれるなどの

不快な症状を抑えられるようになる。 

考えたら ほんの2ヶ月前まで

ポテトチップスや クッキーなど 夜に 多少気にしながらも食べていたけど

それが 全部あの脂肪に変わっていたのかと思うと

ゾッとしてしまう。

もちろん 今は 買う気にも食べる気にもならないので

もう大丈夫 (*^_^*)v

| | コメント (0)

食塩

Hagi

35年ほど前 有吉佐和子さんの「複合汚染」という書籍が

社会に大きな問題を提起し 広がっていた頃

学生だった私は 食品添加物の害など

関連したことを 友達と勉強するようになった。

その頃 やたらに 精製した砂糖や塩は身体に良くない

にがり入りの自然塩を取るべきだと

いろんな本や マスコミから教えられた。

最近では 「○○の塩」という いろんな種類の塩が販売されるようになり

そのほとんどが いわゆる自然塩のにがり入りだ。

私も 海水から取った にがり入りの塩を使っていたが

妹から

「海水を飲むと死んでしまうように

にがり入りの塩は 身体に良くないんだって!

最近 高血圧の人や透析をしている人が多いのは

そのにがりのせいらしいよ。

このサイト見て!

http://ansin-shokuiti.ocnk.net/page/10

とメールがあった。

読んでみると なるほどと思う。

しかし 長年信じ切って にがり入りの高い塩を使ってきたことを

考えると どうも気分がすっきりしない。

みんな 騙されてきたんだろうか・・・。

何が正しいのか 分からなくなってきた。

それでも ミネラルは他のもので補えるし

腎臓が硬化してしまうリスクを考えると

昔ながらのにがりを抜いた食塩を使うほうが 良さそうだ。

Japan01_l

口に入れるもので 身体は出来ている。

自分の身は 自分でしっかり守らないと!(*^_^*)

| | コメント (0)

富士山は だいじょうぶ!

Fuji1_3

8月の24~26日まで 帰省してきた。

これは 26日の朝 家の2階から写したもので

夏にしては 珍しく 富士山が見えていた。

いつもの夏は 雲って見えないことが多いので

思わず 写してしまった。

ちなみに 夏は15%ぐらいの確率で 見えるそうだ。

手前の家が建つ15年ぐらい前までは 1階の居間からも

全景が見えていたが 今では 頭の方が少しだけ見える状況に

なってしまい 両親は ちょっと寂しいらしい。

それにしても 最近 富士山に異変が続いているとか

火山活動が 激しくなってきたとか

マスコミが騒いでいるが

あまり 脅かして欲しくない。

日本の象徴のようになっている富士山は

私にとっても 愛すべき隣人というか 親戚のような存在で

子供の頃は 遠くまで遊びに出て 帰る方向が分からなくなったとき

必ず どこからでも見える富士山を見て 大体の方向を把握し

帰ったものだった。

みんなに 愛されている富士山だから だいじょうぶ!!(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »