« 好き嫌いは はっきりと! | トップページ | ローフード (2) »

ローフード

314dfuynrvl__sl500_aa300_

ロンドンオリンピックが開会式を迎える頃

一冊の本がアマゾンから送られてきた。

何も注文した覚えはないが書名を見ると

「ローフード」とある。

妹とローフードの話題を話していたので

聞いてみると

やはり 妹からの贈り物だった。

いつもは 本を送り合っているが(妹からの方が10倍は多いけど)

自分のところにおいて置きたいという時は

私用に 買ってくれるという 非常にありがたい妹だ。(*^_^*)

で 本を読むと 

その内容から 衝撃を受け実践してみることにした。

ローフードとは raw  food (加熱していない生の食べ物)のことをいい

食べ物が含む生きた水を摂取し 基本的には 野菜や果物やナッツ類の

酵素を生きたまま食べるという食事法をいう。

(酵素が破壊されない摂氏48度以下でならば

加熱してもかまわないと されている。)

ダイエット本というより 生き方そのものを変えてしまうような内容で 

細胞が含む老廃物だけでなく

自分が抱えていた心の老廃物まで

取り除けるような気になってきた。

その詳しい内容は これから少しずつ紹介するとして

実践した私は(100%ではなく 朝晩の約65%ローフード)だけど

最初の3日間で2kg体重が落ち(水分の代謝が行われたんだと思う)

その後 顔がすっきりしだしてウエストがくびれだし

結局20日間で 自分としては何の苦労もなく3kg減った。v(。・・。)

更に いろんなうれしいことがあったので

これから 報告したいと思う。

ちなみに 牛肉200gを食べるためには

その牛肉の餌となる植物を育てる為の水などを入れると

約4トンほどの水が必要となるそうだ。

|

« 好き嫌いは はっきりと! | トップページ | ローフード (2) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 好き嫌いは はっきりと! | トップページ | ローフード (2) »