« ローフード | トップページ | 富士山は だいじょうぶ! »

ローフード (2)

Hana2

ローフード(65%程度ではあるけど)を始めて

一カ月経過。

なんと 何の苦労もせず 美味しく食べ 4kg減。

今までのダイエットは いったいなんだったのかと思うほど。(*^_^*)v

では ローフードについて 少しづつ・・・。

『どうして 身体にいいのか』 (石塚とも「ローフード」コラム1参照) 

加熱調理した食べ物には 含まれなくて

ローフードにはたっぷりと含まれているもの

それは 「水分」と「酵素」

この二つの物質は 身体の機能を上げ 新陳代謝を高める重要なもの。

それらを最大限に生かすために 食べ物を48度以上で加熱しない

というのが ローフードの基本となる。

水は 清涼飲料水(砂糖が溶けている水)

コーヒー(カフェインを含んだ水)

お茶(一回沸騰させた水)

以外の 天然水(加熱殺菌してないもの)か

果物・野菜に含まれた水をとることになる。

酵素は 食べ物が消化を行なう時の触媒となるもので

栄養素が身体を作る材料であるとすると 酵素はそれを組み立てる

役目をになっている。

だから 酵素が足りないと せっかくタンパク質や炭水化物をとっても

それを分解したり 熱に変えたり 筋肉や骨を作ったりせずに

排泄されてしまうか 老廃物として 身体に溜まることになる。

酵素は 熱に弱く 48度で壊れてしまい

加熱した野菜にはビタミンは残るが 酵素は残っていない。

酵素は 身体のなかでも作られるが 

加熱したものばかりを食べると 身体の中の酵素は 使い果たされ

消化が機能しなくなる。

これが 身体を疲れさせ 病気の元となるのだ。

反対に 水と酵素をたっぷり含んだ食事を取ると

食べたものの消化・吸収が効率よく行なわれ

活動するエネルギーに変わり

いらないものは 速やかに外に出て行く。

この理論が ローフード ということになる。

100%でなくても 少しだけでも

果物と生の野菜を取る量を増やせば

明らかに 身体は変わり始める。

食べる順序は 果物→生野菜→加熱した食物

果物を食後に食べても 酵素は十分働けないので

効果が激減するそうだ。

|

« ローフード | トップページ | 富士山は だいじょうぶ! »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローフード | トップページ | 富士山は だいじょうぶ! »