« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

ローフード (2)

Hana2

ローフード(65%程度ではあるけど)を始めて

一カ月経過。

なんと 何の苦労もせず 美味しく食べ 4kg減。

今までのダイエットは いったいなんだったのかと思うほど。(*^_^*)v

では ローフードについて 少しづつ・・・。

『どうして 身体にいいのか』 (石塚とも「ローフード」コラム1参照) 

加熱調理した食べ物には 含まれなくて

ローフードにはたっぷりと含まれているもの

それは 「水分」と「酵素」

この二つの物質は 身体の機能を上げ 新陳代謝を高める重要なもの。

それらを最大限に生かすために 食べ物を48度以上で加熱しない

というのが ローフードの基本となる。

水は 清涼飲料水(砂糖が溶けている水)

コーヒー(カフェインを含んだ水)

お茶(一回沸騰させた水)

以外の 天然水(加熱殺菌してないもの)か

果物・野菜に含まれた水をとることになる。

酵素は 食べ物が消化を行なう時の触媒となるもので

栄養素が身体を作る材料であるとすると 酵素はそれを組み立てる

役目をになっている。

だから 酵素が足りないと せっかくタンパク質や炭水化物をとっても

それを分解したり 熱に変えたり 筋肉や骨を作ったりせずに

排泄されてしまうか 老廃物として 身体に溜まることになる。

酵素は 熱に弱く 48度で壊れてしまい

加熱した野菜にはビタミンは残るが 酵素は残っていない。

酵素は 身体のなかでも作られるが 

加熱したものばかりを食べると 身体の中の酵素は 使い果たされ

消化が機能しなくなる。

これが 身体を疲れさせ 病気の元となるのだ。

反対に 水と酵素をたっぷり含んだ食事を取ると

食べたものの消化・吸収が効率よく行なわれ

活動するエネルギーに変わり

いらないものは 速やかに外に出て行く。

この理論が ローフード ということになる。

100%でなくても 少しだけでも

果物と生の野菜を取る量を増やせば

明らかに 身体は変わり始める。

食べる順序は 果物→生野菜→加熱した食物

果物を食後に食べても 酵素は十分働けないので

効果が激減するそうだ。

| | コメント (0)

ローフード

314dfuynrvl__sl500_aa300_

ロンドンオリンピックが開会式を迎える頃

一冊の本がアマゾンから送られてきた。

何も注文した覚えはないが書名を見ると

「ローフード」とある。

妹とローフードの話題を話していたので

聞いてみると

やはり 妹からの贈り物だった。

いつもは 本を送り合っているが(妹からの方が10倍は多いけど)

自分のところにおいて置きたいという時は

私用に 買ってくれるという 非常にありがたい妹だ。(*^_^*)

で 本を読むと 

その内容から 衝撃を受け実践してみることにした。

ローフードとは raw  food (加熱していない生の食べ物)のことをいい

食べ物が含む生きた水を摂取し 基本的には 野菜や果物やナッツ類の

酵素を生きたまま食べるという食事法をいう。

(酵素が破壊されない摂氏48度以下でならば

加熱してもかまわないと されている。)

ダイエット本というより 生き方そのものを変えてしまうような内容で 

細胞が含む老廃物だけでなく

自分が抱えていた心の老廃物まで

取り除けるような気になってきた。

その詳しい内容は これから少しずつ紹介するとして

実践した私は(100%ではなく 朝晩の約65%ローフード)だけど

最初の3日間で2kg体重が落ち(水分の代謝が行われたんだと思う)

その後 顔がすっきりしだしてウエストがくびれだし

結局20日間で 自分としては何の苦労もなく3kg減った。v(。・・。)

更に いろんなうれしいことがあったので

これから 報告したいと思う。

ちなみに 牛肉200gを食べるためには

その牛肉の餌となる植物を育てる為の水などを入れると

約4トンほどの水が必要となるそうだ。

| | コメント (0)

好き嫌いは はっきりと!

5f9563e7cdbb433ca336c4bf39159cd8

子供の頃 「好き嫌いをなくしましょう!」キャンペーンが

学校でも 家庭でも ずーーーーっと続いていた。

「どんな人とでも 仲良くしましょう。」

「好き嫌いなく なんでも食べましょう!」

でも 

身体の細胞全てが拒否するくらい嫌いな食べ物を

嫌々食べたとしても 消化吸収されて栄養にはならないそうだし

どうしても証の合わない人と 一緒に居て気を使うのは

時間がもったいない気がする。

そんな風に感じていたら

精神科医 越智啓子先生の「インナーチャイルドの癒し」という本に

こんな風に書かれていて なんだかうれしくなった。

「好き嫌いを はっきり言えるとすっきりした気分になります。

なぜなら 好き嫌いはその人の個性の入り口だからです。

そこから 自分なりのカラー 振動数 個性の味が展開していくのです。

好き嫌いをはっきりさせると 自分の感情のマヒがとれて

笑顔の毎日を体験できるようになります。」

好き嫌いがある子は 悪い子だと思い込んで

いい子になるべく

自分の感情に蓋をしたまま大人になると

個性が十分発揮できずに 鬱々と過ごしてしまうことになる。

好き嫌いを はっきりさせて 自分に正直に生きる!

これが 元気で楽しい日々を過ごす為の

一番の秘訣かもしれない(*^_^*)v

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »