« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

カエル 占拠中

Kaeru_001 

ブライダルベールを挿し木で増やそうと

小さな鉢を作った。

一週間ほど経ったころ 根付いて良かったな~と思いながら

水をやろうと近づくと なんだか 縞模様が見える。

よくよく見ると 体調6~7cmの トノサマガエルが

ちゃっかり占拠していた。

ちょっとぐらい鉢を動かしても 知らん顔をしている。

(ひょっとしたら 怖くて動けなかったのかもしれないけど)

主人にも話をすると

「雨が降ったら 居なくなるかもしれないし

しばらく 置いてあげれば?」と言うので

カエルの重みで 根が折れてしまっているけど

しばらく 様子を見ることとした。

大雨が降った翌日

覗いてみると カエルの姿がないので

やれやれ 居なくなった・・・と 安堵したら

隣のプランターに 移動していた。

しかたなく そのままにしておくと

2日後 元の鉢に戻っている。

よほど お気に召したらしい。

Kaeru_002_3

こうなったら 身体が大きくなって 手狭になるまで

お使いいただこうと思っている。

来るものは拒まず!

去るものは追わず!

流れのままにゆったりと それが 一番!(*^_^*)

| | コメント (0)

自分をえらんで生まれてきたよ

Riobook_cover222x300

ぼくは、病気を選んで、生まれてきた。希望をもって、生まれてきた。

心を感じることで、勇気が出る。それがつまり、希望のことなんだ。

心は、神さまのかけらで、体は、地球のかけらだよ

すごい秘密に、気づいたよ。時間があるから、ものはある。

時間があるから、光はある。ものは、ぜんぶ、時間でできている

神さまがくれたものは、たくさんある。

まず、心。気持ち。いのち。体。

それから、考える、頭。

ぼくは、神さまからのプレゼントなんだ。

だから、自分をたいせつにする。

自分をたいせつにすると、

地球へのおみやげに、なるんだよ。..

いんやく りお『自分をえらんで生まれてきたよ』 (サンマーク出版)

心臓と肺に障がいを持って生まれた りお君が 

ご両親に語りかけた言葉が

産科医の先生を通じて他の親達に広がったことから 

出版が決まったそうだ。

今回の詩集には載せられていないが 

原発事故が起きる一週間前から りお君は不思議なことを言いだして

「原発というよりウラン。

地面の下で植物や石と静かに話していたのに、

無理に引っ張ってきたから、怒って熱くなるのはあたりまえだ。

謝らないとね。

そして、食の安全とか命の大切さとか、

教えてくれてありがとう、って拝むんだ。」

と言ったという。

実は まだ読んでいない。

今日 ふっと目にした記事を読んで

読むことにした。

きっと それぞれの人が

何かを 考えるきっかけになる本だと思う。(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »