« 脱走猫 | トップページ | 世界を5分間沈黙させた少女 »

猿と目が合った!

H1

「そんなはずないって 見間違いだよ。」

「絶対 猿! だって見たんだもの!!」

今朝10時前に 店の前の花に水をやった。

すると 隣家のブロック塀で 何かが動いている。

猫かな?と フッと見ると こげ茶色のふっさふさの身体を揺らしながら 

体調50cmをゆうに超える猿が ブロック塀を超えて来そうだったが

何がなんだか 分からないで つっ立っている私を尻目に

向きを変えて居なくなった。

その時 目が合ったので

「見つかっちゃったか~。」という感じで 

スローモーションのように背を向けたのを 覚えている。

すぐに 主人に教えたのだが 案の定 見間違いにされた。

しかし 一応 見たという場所まで 来てくれたが

近くには いるはずもない。

昼ごはんの時 母に

「猿を見たって言うんだけど・・・。」と主人が話すと

「この間 池州橋(いけすばし)の欄干を 走っているのを見たって

朝 散歩の時に聞いたよ。」と教えてくれた。

家から 200mほどの距離しかない。

しかも 

「友達は 河原で 熊を見たってゆうてたで

親子で 歩いていて しばらく居てたって。」

うわっ! 熊?

まだ上手が居た。(‐^▽^‐)

山から 川伝いに来たのかもしれない。

人里に来なければならない理由があったのか。

ともかく 双方が 安心して暮せますように。

でも あれは 絶対 猿!! (*^_^*)

|

« 脱走猫 | トップページ | 世界を5分間沈黙させた少女 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脱走猫 | トップページ | 世界を5分間沈黙させた少女 »