« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

宝くじは 買わないと当たらない。

Hana14

スペインの人口約2000人の小さな町グラネンで

賞金40万ユーロ(約4070万円)の1等当たりくじ1800枚 全て

当たったことが判明したそうだ。

約733億円“クリスマスプレゼント”が転がり込んだ 町では

大騒ぎになっているらしい。

 「エル・ゴルド(太っちょ)」という名の宝くじは

一等の同じ番号が1800枚あり それが全てグラネンという町の

同じ売り場で売られたことによるという。

この町の ある会社では 社員にボーナスを払えないことから

社長が せめてもと 従業員40人すべてに この宝くじを渡したところ

全員が4000万円以上のボーナスを受け取ることになったそうだ。

まったく私とは関係ないけれど

従業員全員が というところが やっぱりうれしくなってしまう。

世界中で いろんなことが起こっている。

どちらかと言えば 辛く絶望的に見えることが多い。

けれど 大きな変革が表面下で進んでいて

他の人のことを 思いやることが出来る人達に

輝く未来が訪れる日も 近いような気がする。

拭き上げたガラス窓から差し込む光が

キラキラと そのまばゆさを増しているからかもしれない。(*^_^*)

| | コメント (0)

探しものは 何ですか?

Hana13

あれーー!?おかしいな・・・・・ 

確かに ここに置いた!  はずなのに・・・・。 (>_<)

物の置き場所は だいたい決まっているので

探しものをするということは それほど ひんぱんに

あるわけではない。

でも

なかなか見つからないことは たま~にある。

そんな時に すぐに見つかるおまじないを

精神科医の名越先生が TV番組の中で紹介していた。

それは 

「にんにく にんにく にんにく 。。。。。。。。。。。。。。」

そう言いながら探すと あっという間に見つかると 

教え子に教えられたので

やってみたら 本当に見つかったと言うのだ!

「え~~~~~!?そんな馬鹿な!」

スタジオでは そういう声が多かったし

私も (;¬_¬)アヤシイと思ったのだが

先生の説明を聞いて 「そうかもしれない。」と

簡単に受け入れてしまった。(*^_^*)

「にんにく にんにく にんにく 。。。。」

そう言いながら探すと 言うことに集中して

(ここには 絶対に入れない。)とか

(ここは 一度見たから ない。)などという

思い込みや 先入観などが 頭に浮かぶことが少なくなり

いつもとは 違った目で探すことが出来るから だそうだ。

このことは 探しものだけに限らず

人間関係にも 通じるかもしれない。

苦手な相手でも

何年か前のその人とは いろんな意味で変化していて

以前は 得意なタイプではなかったけれど

とても 話が合うかもしれないし

自分自身も 少しは丸くなって

受け入れることが できるようになっているかもしれない。

心を無にして 「にんにく にんにく。。。」と

唱えることで ひょっとしたら

思い込みや 先入観がはずれて

良い関係を見つけられる かも!?(*^_^*)v

| | コメント (1)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »