« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

キュウリの巻ひげ

Clipboard_1_2

無農薬・無肥料でリンゴを栽培する 青森県の木村秋則さんについて

書かれた本が 何冊か出ている。

その中の「木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ」という

小原田 泰久さんの著書の中で

とても気になった文章がある。

「人をみるキュウリ」というタイトルに おもしろいことが書かれていた。

キュウリが ある程度大きくなったら

支柱に巻きついている巻きひげをはずして ブラブラの状態にする。

そして そこへ指を近づける。

すると 巻きひげが 指に絡みついてくるという。

キュウリの巻きひげのほうから 指に近づいてくるそうだ。

でも それだけではない。

巻きつく人と 巻きつかない人がいると 木村さんはいう。

「小学校の低学年だと だいたい巻きつくかな。

でも 大人は 巻つかない人がたくさんいるな。」 

これは どういうことなのか?

なんとなく トトロを見ることが できるかどうかということを

思い出したが

やはり キュウリに対しても 愛情をもって接することが出来たり

純粋な心を持っているかどうかを

キュウリが 察するとしか考えられない。

来年 母がキュウリをまた育ててくれるのなら

是非 試してみようと思う。

巻きひげがある期間 キュウリと どれだけ近づけるかな?(*^_^*)

| | コメント (0)

「断捨離」

H2

このところ めっきり集中力がなくなり

判断力も落ち

記憶力は 「年のせい♪」 とか言っている場合では無くなってきた・・・・。

こんなことでは この先 主人は大変な思いをするに違いない。

(今も そこそこ大変そうだけれど・・・。)

頭の中を 整理整頓する前に

伸ばしに伸ばしてきた 「断捨離」を10日ほど前から始めた。

タンスの中には どうやって穿いていたんだろうと思うような

ウエスト60前後のタイトスカートやパンツ類が 幅をきかせていた。

今まで 見ぬふりをしてきた。

あるいは

いつかは 必要となる日が来るかもしれない・・・・。

な~んて

自分を騙しつつ 過ごしてきた積年の物の多さに

ショックすら 覚えながら 断捨離を決行している。

基準は 今の自分

自分にとって それは必要なのか

それは 自分にふさわしいものか

過去とは感謝と共に綺麗に別れ 未来をいたずらに憂うことなく

今を 心地良く過ごすための 断捨離

終わったら さぞかし 頭の中もスッキリするに違いない!

その日が 楽しみ~♪  (*^_^*)

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »