« 彦根の桜 2011.4.12 | トップページ | 安全なエネルギーを! »

散る桜

1104_001「散る桜

残る桜も

散る桜」

この句を

恥ずかしながら

最近知った。

良寛さんの

辞世の句の一つとされているそうだ。

「裏を見せ 表を見せて 散る紅葉」

この句も 良寛さんの自然体で生きる姿があらわされていると思うし

誰もが持つ 光の部分も暗い部分も認めることで

人を ほんとうに優しく受け入れていた方であることが判る。

残っている桜も やがては散る。

人は それを知りつつも 精一杯生きようとする。

みんなが 生きることで お互いを支えあっている。

「みんな つながっている」 

多くの人が そのことを 心の奥底では知っていたことに

気付いたかもしれない。

|

« 彦根の桜 2011.4.12 | トップページ | 安全なエネルギーを! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彦根の桜 2011.4.12 | トップページ | 安全なエネルギーを! »