« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

今年も♪

Inufuguri 今朝 目覚ましの

電子音を止めると

すぐに

ウグイスの鳴き声が

聞こえてきた。

一週間以上前に

主人が

「もう ウグイスが鳴いてる。」

そう教えてくれたけど

今朝まで 私は 聞けなかったので

なんだか とっても幸せを感じた。

今朝は ウグイスだけでなく

いろんな鳥の鳴き声が あちらこちらから聞こえて

一日の始まりが 光や自然の息吹と共にあることで

張りつめていたものが 力が抜けて 緩んだような

ホッと できた朝になった。

大きく 深呼吸をして 青空を見上げる。

少しづつ 春は 暖かさを 運んできている。(*^_^*)

| | コメント (0)

子供たちの活躍

200903172thumb700x526364 岩手県の釜石市で

大学教授が

普段から

津波に関して

啓発に

努めていたと

TVで 知った。

中学校の高台側の隣に 小学校があり

中学生に いつも

「君たちは もう大人だから

津波が来るようなことがあったら

必ず 小学生を助けて 一緒に逃げなさい。」

そう 教えていたそうだ。

今回の津波を知って

指定されていた避難所では 高さが足りないと

子供たちの安否を とても心配していたという。

さらに 中学生に対して 

「小学生を 守らなければいけない。」

そう 言い含めたことが 結果として

助かる命を 自分が 無きものにしてしまったのではないかと

恐れていたそうだ。

しかし 避難所で 再開した中学生達は

「先生 ちゃんと教えを守って 小学生を守ったし

あわてないで行動できたよ。

がんばったよ 先生!」

と 明るい笑顔で胸を張った。

中学生が 小学生の手を引いて

集団で 坂道を登っている姿を見て

周りの大人も 高台に避難したそうだ。

子供達が これからの未来を 担っていくことを考えると

ほんとうに 頼もしく 希望が見える。

どうも ありがとうね。

| | コメント (0)

松山千春さんのエール 

F1 今朝のラジオで

松山千春さんの

メッセージを

聞いた。

それが なんとも

千春さんらしくて

思わず 笑ってしまった。

それは こんな言葉だった。

「知恵のあるやつは 知恵を出せ!

金のあるやつは 金を出せ!

知恵も 金も 両方ないやつは 元気を出せー!!」

わーい!元気を出して がんばろう!!   (*^_^*)

| | コメント (0)

奪い合えば足りないが 分け合えば余る

1103_008 「奪い合えば

足りないが

分け合えば

余る。」

昔から

日本で 

言われている言葉だそうだ。

被災者であっても このことを 実践されていた 

今回の地震被災者の方々を 日本を 誇りに思う。

「直接 被害に遭わなかった人の中でも

普段とは違った状況に 浮き足立っている状態なので

深~く 深呼吸をして 落ち着きをとりもどし

日常の生活を 安全に過ごすことが大事です。」

精神科医の名越 康文先生が

昨日 TVで言われていたが ほんとうにその通りだと思う。

実際に 物理的には遠い場所ではあるが

被災者の方々に 寄り添い 常にエールを送りつつも

自分の日常を しっかり生きようと思う。(*^_^*)

| | コメント (0)

だいじょうぶ!

1103_009静岡県の富士宮に

高齢の両親が住んでいる。

昨夜の

震度6強の

地震で

すぐに電話をすると

すでに 話中だった。

その後は つながらない状態となったが

東京の妹と連絡が取れ 話中の電話の相手は妹で

両親とも だいじょうぶということが分かった。

今朝 電話をしてみると

「家の中は 多少物が動いたけれどだいじょうぶ!

でも 屋根の一番高いところの瓦が やられちゃったから直さないと。」

そう 父が話した。

周りの家は かなり影響が出ているところも あるそうだ。

東海地震に備えて タンスは 全てがっちり固定してあるし

心構えも しているはずだが

さすがに 震度6強の地震は 怖かったようで

ちょっと 平静を装った声だった。

余震は 続いているし

東北の被災地の状況は あまり改善されていないようだが

関西に住んでいる私達は

義援金を送ったり 現在家にある生活必需品を送る為の準備や

状況を冷静に見守り 

きちんと 日常生活を送って 復興をささえること

救援の邪魔をしないことが

今 出来ることではないかと思う。

| | コメント (0)

みんなで!

Tikyunokibou 今回の地震と津波の

被災者の方々に

心よりお見舞い申し上げます。

被災にあった

小学校1~2年の男の子が

「家も流されたし

大切なものが ぜ~~んぶ

流されました。

でも

これは 仕方が無いことです。」

そう話すのを聞いて

これは この子が 生来持っている資質なのか

あるいは

親や周りが そういう話をしているからなのかと

思ったが

瞳は 強く輝いていたし

キリッとした表情には 笑みも浮かべていた。

未来は こういう子供たちが担っていくと考えると

とても 頼もしく 

暗く沈んでいる場合ではないと 強く思う。

私達は 決して 孤独ではなく

つながっているということを 認めて

日本中から いや世界中から 愛とパワーが寄せられている。

もちろん 物質的にも援助が向かっている。

みんなが 祈っているのだから

だいじょうぶ。

希望の明るい未来が待っている。

だいじょうぶ。

みんなで がんばろう。

| | コメント (0)

私は 幸せが似合う♪

1103_006 「世界がもしも

100人の村だったら」

の原訳者で

ソーシャルファシリテーターの

中野裕弓さんの

「幸せのレシピ」

☆ーーーーーーーーーーーーーー☆

ほんのちょっと考え方を変えるだけで、

思った通りの人生が引き寄せられるんです。

「私は、幸せが似合う」っていう考え方を採用するというのはどうですか? .

これキーフレーズなんですよ。

「幸せになりたい」っていうのと「幸せが似合う」っていうのは全然違うんです。

「なりたい」っていうのはエゴが入っていて、

下手すると願望が執着になるんです。

また予定通りお金持ちになっていない自分を卑下してみたり、諦めてみたり。

でもね、「私に似合う」っていう言葉はすごく良くできた言葉で、

全然ここに力が入らないのに「私は幸せが似合う、

豊かさが似合う」と言ってると、見事に引き寄せちゃうんですよ。

だから、これを読んで下さった方は、

ちょっと今日からゲーム感覚で

「私は笑顔が似合う」とか「幸せが似合う」とか「私は喜びが似合う」って

「似合う」って連発していると、

気が付いたらそういうものを間違いなく引き寄せてる。

そうやって、みんながみんな幸せな人でいたら、

どういう社会が出来ると思います?

幸せな社会以外作れないんです。

でもその中に1人「わたしは幸せになっていいんでしょうか?」

「わたしには幸せは似合わない」なんて幸せを拒否する人が1人いたら、

その人は、みんなの後ろを、

虎視眈々と狙いながら「おこぼれが欲しい」って。

ここで奪い合いが起きる。

だから、まずは1人ひとりが自分を幸せにすることに真剣に、

きちっとすれば世の中は簡単に良くなると

ほんとに脳天気にそう信じています。

☆ーーーーーーーーーーーーーー☆

なんとなく ほんとうに そうなりそうな気になってくるのが

不思議・・・。

私は 幸せが似合う!

あなたも 幸せがよく似合う!(*^_^*)v

| | コメント (0)

クリオネが!

301_2 何故か

いつも行っている

スーパーの魚売り場に

クリオネが・・・。

携帯で撮っているので

みにくいかも。

3匹

楽しそうに踊ってました。(*^_^*)

しかし どうやって このスーパーに辿り着いたのかは

謎のまま・・・・。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »