« 干支! | トップページ | 紆余曲折 »

京都最古の禅寺 建仁寺(けんにんじ)

毎年恒例になっている清水寺へ お参りに行ってきた。

清水寺では 

1月1日より7日間の修正会(しゅしょうえ) が行なわれており

五穀豊穣・商売繁昌・家内安全・世界平和を祈願している。

7日に結願法要があり 牛玉(ごおう)宝印の授与をし 一年の無病息災を念ずる。

その牛玉(ごおう)宝印を いただいて来るついでに

京都を ちょっと見てこようかな・・・ということで

今年は 清水さんから 歩いて行ける距離の「建仁寺」へ行って来た。

さすがに 禅寺だけあって 落ち着いたたたずまいのお寺で

昨日は 国宝の「風神雷神図屏風」も展示されていた。

しかし やはり一番の迫力は 法堂(はっとう)天井に描かれている双竜だ。

創建800年を記念して 2002年小泉淳作(こいずみ じゅんさく)画伯が

描いたそうだ。

実際に 下から見上げると そのスケールに圧倒される。

Soutounotatu

|

« 干支! | トップページ | 紆余曲折 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 干支! | トップページ | 紆余曲折 »