« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

ん?どこかで聞いたはず・・・。

Hana6 数日前

ラジオから

流れてきた曲が

妙に耳に付いた。

えーっと

どこかで聞いたはず。

でも これってフランス語!?

一生懸命 曲名を想い出すと

なんと!「タッチ」だということが分かった。

しかも 

岩崎良美さんの歌とは まったく イメージが違っていて

青春の若い恋ではなく

少し 馴れ合いすぎた恋人たちのような雰囲気さえ

かもしだすほど けだるい感じで

本来の歌とは あまりにもかけ離れていた。

しかし

その歌が 思わず手を止めて聞き入ってしまうほど

耳に心地良い なんともいえないものだった。

「クレモンティーヌ」というフランスの有名な歌手で

11月24日発売の「アニメンティーヌ・プラス」というアルバムに

納められている「タッチ」なのだそうだ。

このアルバムには

なんと!「天才バカボン」のテーマも入っていて

他にも 日本アニメの有名な歌が歌われているらしい。

へぇ~~~~。

世界も狭くなったなぁ~~~~。

と妙に感心してしまった。

しかも ただ 私が知らなかっただけで 

もっと前から 歌われていたようだ。(*^_^*)ゞ

| | コメント (0)

IH調理器の汚れ落とし

Hana3IHの電磁調理器の

汚れは

簡単に

拭いただけでは

落ちず

クリームクレンザーで

ごしごしと

力を入れて

落としていた。

しかも

その後 台拭きなどで 水拭きをしなければいけないので

今度は その台拭きを洗うのも 大変だった・・・。

先日 ある情報誌に

「とっても簡単に IH電磁調理器の汚れを落とす方法」

という記事があり

試してみたら めちゃくちゃ簡単で

しかも きれいになった。

その方法とは

「ラップと重曹」を使う方法で

電磁調理器に パラパラと

耳掻き2杯分ぐらいの重曹をまき

後は ラップを クシャクシャにまるめて 水に濡らし

くるくると 調理器の上で 回すというもの。

(ラップは 使用済みのものでもOK)

白い重曹が あっという間に 茶色に変色し

とても簡単に 汚れを吸収しているのが分かる。

台拭きで その後 仕上げても

水洗いで 簡単に汚れは落ちるので 大助かり。

一度で スッキリしない場合は 同じ事を繰り返せば良い。

なんだか 気が抜けるほど 簡単に汚れが落ちるので

使うのは 力ではなく頭なんだよね・・・。と思う

今日この頃なのであった。 (*^_^*)

| | コメント (2)

悪い癖

1011_001_2 この間

たぶん 

天声人語で

本に まつわる

感動的な話を

読んだ。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・

家が貧しいので 本を読みたくても 

本を買えない少年がいた。

それゆえ 街の本屋さんに立ち寄り

ウインドウに飾られている本を 眺めることが日課のようになった。

ある日 少年は 読みたいと思っていた本が

開いて置かれている事に 気付く。

それは 店主が あまりにも熱心に通ってくる少年の姿を見て

こころ動かされたからだった。

そうやって 来る日も来る日も ページは めくられ

その本を 少年が読み終わるまで続いた。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・

この話を読んだ時

(なるほど・・・。いい話だな。)(*^_^*)

と 思ったのと同時に

(少年が いつ来るか わからないだろうに

ちゃんと 読んだか どうやって確認するんだろう・・・?

ずっと 店で見ていないといけないから 大変だよね。)

とか

(少年は 自分の為にページをめくってくれることに

気付くはずだけど 店主に対して どういう態度をとっていたんだろう?)

など

いい話だねぇ~♪ で済ませない自分がいることに気付いた。

ふーむ。

この辺が 素直さが足りないところだな。(~~;

こういうことを サラッと流せないところは 悪い癖だ。

そういうところに 気付けただけでも 

この話は 私にとって 良い話だったということになる!

よね。 (*^_^*)

| | コメント (0)

どこから話すの!?

1011_002_2 個人商店をしているので

不特定多数の方に

ご来店いただく。

それも

どちらかというと

ご年輩の方が多く

会話をしながら

お買い上げいただくことになる。

きのうは

たぶん70歳を だいぶ超えたご婦人が

裁ちばさみを買いに来てくれた。

開口一番

「私は 5ヶ月前まで ○○町に住んでたんやけど

このすぐ近くに 引っ越して来たんや。」

その後

どうして 今の家に引っ越すことになったか

子供が何人居て

それぞれが どこに住み

自分のことを どれだけ気にかけてくれているか。

そして やっと

どうして 裁ちばさみを必要としているのか の話になった。

でも

必要としている「それ」を切る前に 「それ」がどこかへ行ってしまい

家中を探した話が 延々と続き

「それ」をやっと 見つけたときは 

来店してから 10分近く経っていた。

「あー、これで やっと切れる♪」

そう言って

「おおきにな~。」と帰っていかれた。

来た時より もっと満面の笑みで

満足そうだったので良し!

お店をしていると こんな 幸せも味わえる。(*^_^*)v

| | コメント (2)

たかが「ゆでたまご」されど・・・。

1011_003 ゆでたまごを

きれいに

ツルンとむく。

その時の条件によって

簡単にむける時と

ごくたまに ボコボコに

なってしまう時があり

色んな方法を試してみてはいるが

必ずうまくいく方法を 見つけられずにいた。

しかし

TVで 卵の中の炭酸ガスをうまく抜く方法を知った。

久々に ゆでたまごを作った結果

なんということでしょう!(ビフォーアフター風に♪)

ツルンとむけただけでなく 

黄身がみごとに真ん中にあるでは ありませんか!!

コツさえ わかったらとても簡単に出来るので

試してみてください。(新鮮な卵でも うまく出来ます。)

ゆでる前に 卵のまぁるい方を(縦長にして 尖っていない方)

少しだけヒビが出来る程度コンコンと打ち付けます。

(割らない程度にやさし~く)

後は 普通にゆでるだけ!

(塩を入れる必要もないし 

その他 今までしてきた色んな工夫も 必要なし!)

ゆでている間に そのヒビから炭酸ガスが抜けて

卵の内圧が上がらずに済むので

ゆであげた時に 普通の水で冷ますだけで

(ほんの1分程度でもだいじょうぶ!)

じょうずに殻がむけます。

沸騰して6分ぐらい弱火でゆがくと

写真のように 半熟のゆでたまごが完成!

あ~~~ 今までの努力は 何だったんだ・・・・。

と 思うほど簡単ですよ。

もっと早く 知っていたらと思うけど

教えてくれてありがとうございます!(*^_^*)

| | コメント (2)

使われる命=使命

Soba 妹が

メールに添付して

送ってくれた

ある本の言葉が

(うーん、なるほど!)

うなってしまうものだったので

書き残しておこうと思う。

小林正観さんの『喜ばれる』という本の一部抜粋

使われる命

このように 頼まれごとが次々来たときは その内容を気に入ったとか 

気に入らないなどと言わずに ただひたすら「はい、わかりました。」と

やっていく。

そうすると 自分がある方向のもとに使われていることがわかります。

そして 一年中が全部頼まれごとで埋まるような人生になります。

使われる命 ーーー これが使命、天命と言われるものです。

天 もしくは宇宙の要請に対して 和することが「使われる」こと

「使われる」という言葉は 真ん中に「わ」の文字があります。

これが 要請に対して応えること

それが 「和すること」。

でも 宇宙の要請と和することを拒否して 自分の自我で生きて

「わ」の文字を取って拒否する場合は「和」をとって

「つかれる」(疲れる)と書きます。

なんだか 読み終わった時に 思わず 

(フフッ♪ うまいこというなー・・・。)と うなってしまったのだが

さて どうでしたか?(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »