« 今日は おでん!! | トップページ | 使われる命=使命 »

固定観念

Kazura ある親子が

「今日は ドライブがてら

釣りに行こう!」

という相談がまとまって

外出した。

その日は 良い天気で

釣果もそこそこあり

良い気分で 帰途についた。

しかし 思いがけず事故にあい 親は死んでしまった。

子供は 近くの病院に運ばれ手術をすることになった時

執刀医は こう言った。

「この子は 私の娘です。

とても 自分でメスを入れることは出来ません。」

ここまで読んだ時 私は違和感を感じた。

まず 釣りに行って亡くなった親というのは 父親であり

執刀医も父親であるはずなのに 二人も父親が居るの!?

えっ! どういうこと???

さらに 釣りをしていたのは 男の子ではなく女の子だったのか!?

考えたら 釣りを母娘ですることも 考えられるし

執刀医が母親であっても おかしくない。

しかし ドライブして釣りをするのは 男性だと決め付けてしまっているし

執刀医も男性だと 決め付けている。

こういうことは 日常茶飯事で 

私の頭の中は 固定観念であふれているに違いない!(~~;

ならば 何か物事が起こった時 

観念的に決め付けていないかと 少しの間 時間を持つ必要がある。

それに 自分がそういう状態であることを知ることで

他人に考えを押し付けることも 少なくなってくるのではないか。

長年 植えつけてきた固定観念を 手放すことで

もっと自由になれる気がしてきた~。(*^_^*)

|

« 今日は おでん!! | トップページ | 使われる命=使命 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は おでん!! | トップページ | 使われる命=使命 »