« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

固定観念

Kazura ある親子が

「今日は ドライブがてら

釣りに行こう!」

という相談がまとまって

外出した。

その日は 良い天気で

釣果もそこそこあり

良い気分で 帰途についた。

しかし 思いがけず事故にあい 親は死んでしまった。

子供は 近くの病院に運ばれ手術をすることになった時

執刀医は こう言った。

「この子は 私の娘です。

とても 自分でメスを入れることは出来ません。」

ここまで読んだ時 私は違和感を感じた。

まず 釣りに行って亡くなった親というのは 父親であり

執刀医も父親であるはずなのに 二人も父親が居るの!?

えっ! どういうこと???

さらに 釣りをしていたのは 男の子ではなく女の子だったのか!?

考えたら 釣りを母娘ですることも 考えられるし

執刀医が母親であっても おかしくない。

しかし ドライブして釣りをするのは 男性だと決め付けてしまっているし

執刀医も男性だと 決め付けている。

こういうことは 日常茶飯事で 

私の頭の中は 固定観念であふれているに違いない!(~~;

ならば 何か物事が起こった時 

観念的に決め付けていないかと 少しの間 時間を持つ必要がある。

それに 自分がそういう状態であることを知ることで

他人に考えを押し付けることも 少なくなってくるのではないか。

長年 植えつけてきた固定観念を 手放すことで

もっと自由になれる気がしてきた~。(*^_^*)

| | コメント (0)

今日は おでん!!

1010_011 おとといの風の音は

ヒュ~~~ン!

だったのに

昨日は

ビュ~~~ン!!

に変わっていて

植木鉢が あちこちでひっくり返る事態になり

表には どこから飛んできたのか 小さな木の葉が散乱していた。

天気予報で言っていたとおり 急に寒くなって

いつも利用するスーパーで

今日は練り製品が3割引ということもあり

例年は 11月の下旬からメーニューに加わる「おでん」が

今年は この時期に食卓に上ることになった。

買い物をしていると 商品を補充している従業員さんの携帯が鳴った。

「マグロ!?あかん。 全然 出てへん。

きょうは 鍋の材料ばっかりやー!」

(やっぱり 急に寒くなったから みんな考えることは同じだな・・・。)

そんな風に思っていると

「これ おでんに入れても バラバラにならんやろか?」

私の前に 玉ねぎを練り物に入れた食品が差し出された。

「だいじょうぶだと思いますよ。」(*^_^*)

「ほな こうてこー。」

年のころなら 60歳前後のご婦人。

私に聞くより すぐお隣で商品補充している従業員さんに

聞いたほうが良いんじゃないかな・・・・。

それにしても 天気予報で 先々の気温の変化や

大気の状況が分かると スーパーも仕入れがしやすくて

良いだろうなと思いつつ帰って来たが

これだけ 天気予報で教えてくれているにもかかわらず

冬の準備が イマイチ出来ていないことに気付いた。

ストーブ出して 扇風機 しまわないと!(*^_^*)ゞ

| | コメント (0)

再犯を防ぐには?

1010_010_2 昨日のTV番組で

脱税に関しての

刑罰について

話をしていた。

その中で

アメリカのとある州で

ピザ屋さんが犯した 

4年間で840万ほどの脱税に関しての話があった。

その刑罰として 追徴課税はもちろんのこと

「デリバリー刑」というものが 科せられたと紹介していた。

それは その経営者みずからが 今後何ヶ月か

毎日12枚のピザを焼いて

近くの公園のホームレスの人たちに 配達をしなさい。

というものだった。

裁判官は

「ただし トッピングはあなたに任せます。」と

付け加えたそうだ。(*^_^*)

経営者は 直接お客さんの声を聞く機会がなく

経営状態 つまりお金の動きにしか 興味を持っていなかった。

しかし ホームレスの人達に直接ピザを渡すことによって

「ありがとう!」という言葉と共に

おいしそうに 笑顔でピザを食べる姿を見ることが出来

デリバリー刑を消化している間も

幸せな気分で過ごせたそうだ。

自分の仕事を 喜んでくれている人達が お客様になってくれていることを

理解できたし いろんな人の笑顔を見ることが出来たから。

スタジオでは 日本の場合どうなのかを 話していたが

日本では このような刑罰はありえないという結論だった。

何故なら

「そのデリバリー中に 事故を起こした場合

誰が どう責任をとるのか。」

「配達したピザで ホームレスの人達が 食中毒などになった場合

誰が どう責任をとるのか。」

そんなことが 問題とされ 結局 判例に従って

罰金刑で終わってしまうだろうと。

一番必要なことは

「犯罪を繰り返さない。」こと 

きちんと 納得して 反省して 過ちを悔いあらためることだと思う。

この判事さんには 法を犯した側に対する愛情が感じられる。

上から目線の判決ではなく 

そこには 他の人に対する暖かい気持ちが流れていると思うけど

どうでしょう?(*^_^*)

| | コメント (0)

冷凍できるの!?

005   もやしも

冷凍できます。

昨日の新聞に

書いてあったのを

目にした時

なんだか

今までの苦労を

否定されたような

そんな気がした。(ちょっと オーバーだけど・・・。)

もやしは 安いので 小袋であっても そこそこ量があり

使いきれなかったりする。

次の日に その残りをうまく使える場合と

気にはなっているけれど 使い切れない場合がある。

必然的に

すぐに痛んでしまうので 金額的には安いけれど

捨てなければいけないことになる。

しかし 

「食べ物を粗末にしてはいけません!」という教えを

小さい頃から聞いてきた身としては

とても 申し訳ない気持ちになっていた。

それが 

「水洗いした後 小分けにし 冷凍用の袋に入れておけば

お味噌汁などに そのまま使えます。」と

サラッと書いてあったので

「えー!まじすか!!」と思わず 記事に突っ込みを

入れたくなった。

長年の闘いは いったいなんだったのか・・・。

それでも 調べてみると 一度湯がいてから冷凍するほうがいいと

書いてあるサイトも多かった。

もちろん シャキシャキ感は 半減するらしい。

しかし・・・。

ひょっとしたら 絶対に冷凍なんて無理と思っている他の食品で

「冷凍したほうが 断然美味しくなります。」

なんていうものもあるかもしれない。

ちょっと 探してみようかな~。(*^_^*)

| | コメント (0)

一日遅れの筋肉痛・・・・・。

1010_007 17日の日曜日

町内の草刈と

溝掃除に参加した。

草刈と言っても

土手に生えている細い竹や

伸び放題の木々を

剪定したりという

かなりハードなものになる。

溝掃除も 重い蓋を持ち上げたり

普段はあまり使わない筋肉を 思いきり使った。

で 次の日。

なんとなく足やお尻の筋肉に 違和感があったけれど

(これで 済むのかな・・・・。)なんて

かるーい気分でいた。

しかし 

その次の日 起き上がる時に

なんと!

腹筋までが 痛い!!

特に 大臀筋(だいでんきん : お尻の大きな筋肉)が

少し無理な姿勢をするだけで つい「いたっ!」と

声が出るほど 痛かった・・・(~~;

運動不足は わかっていたけれど

痛みが 一日遅れで来るようになってしまった・・・。

まずい・・・。

やばい・・・。

困った・・・・。

歳のせいばかりにしていられない。

毎日 少しづつ ストレッチをしよう!

がんばるぞー! (*^_^*)/

それにしても ブログさぼり過ぎた。

あっという間に 日々は過ぎていく・・・・。

がんばるぞー!

(・・;)゛\(`□´;|||)    (*^_^*)ゞ

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »