« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

あきらめが肝心?

Yuuki_014_2 午前1時には

決着が付いて

気持ちよく

眠りにつけるな・・・。

そんな風に

思いながら

夕べは 

サッカー日本代表のパラグアイ戦を見た。

まったく 予想にしていなかったドロー!

しかも 延長戦でも決着がつかずにPKって!!

ほんとうに 残念ながら敗れてしまったけれど

試合の勝ち負けに関係なく 

自分が好きで熱中できることを とことんやりぬくという姿勢に

多くの人が感動し 共鳴もし 勇気付けられた。

「何事も あきらめが肝心」

そんな言葉を 子供の頃から耳にしてきたけれど

「あきらめてはいけない!」

そういう言葉を 最近では頻繁に耳にする。

誰もが 好きなこと楽しいと思うことを

あきらめないで 続ける姿は

他の人を感動させるに違いない。

「失敗とは 途中であきらめたということ。」

「失敗したとしても それは成功に至るためのデータが

増えたということだ。」

先人は やはり良いことを言っているな。(*^_^*)

| | コメント (0)

工藤夕貴さんのお店 Cafe Naturel へ

Yuuki_002_2富士宮に住む両親の様子を

見るために帰省してきた。 

 

今回は 東京に住む妹も

それに合わせてくれることになったので

せっかくだから この機会に

「工藤夕貴ちゃんの お店に行ってみよう♪」

ということになり 新富士駅まで迎えに来てくれた。

Yuuki_003_3 そしてそのまま 

富士宮市人穴(ひとあな)にある

Cafe Naturel へ。

Yuuki_005  薔薇に囲まれた

とてもかわいらしいお店の中は

Yuuki_007 白を基調に

綺麗な色で

飾られていた。

そして 肝心の 

無農薬野菜で作られた身体に優しい

とっても美味しいカレーの写真は・・・・・撮り忘れてしまった。

彼女が 今まで経験してきた事柄は

このお店や自宅の敷地内にある全てに

反映され 多くの人に勇気を与えているのではないかと思う。

平日だというのに 多くの観光客でにぎわっていたし

やはり 何か心の奥深くで 感じるものがある。

富士山の見える 空気のきれいなこの場所で

自分の信じる道を歩んでいる彼女に

励まされて帰って来た。(*^_^*)

| | コメント (0)

さて どっち!?

Kutinasi_2 自分なら

どういう反応を

するだろう・・・・。

最近読んだ本に

こんな内容が書かれていた。

ある靴の製造会社の社長が 

営業社員にこう告げた。

「今から ○○国の○○○地方へ行って

自社製品を売り込んでくるように!」

一人の社員は 出張から帰ると顔を曇らせて こう言った。

「社長 いくらなんでも無理です。

何故なら あの地方の人は 誰一人として

靴など履いちゃいません。

ビジネスチャンスなんて これっぽっちも期待できません。」

もう一人の社員は 出張から帰ると顔を紅潮させて こう言った。

「社長!すばらしいところでした。

何故なら あの地方の人は 誰一人として

靴を履いていないんです!

宝の山を見つけたようなものです!」

全ての事柄は それぞれの考えようによって

まったく違うものとして 目の前に存在するのかもしれない。

過去の経験によっても 変わるだろうし

その時の気分によっても 真反対の事柄として

そこにあるのかもしれない。

出来ない理由を見つけて 逃げるのか

出来ることから始めるのか。

「天は 自ら助くるものを 助く」

出来れば 

「人事を尽くして 天命を待つ。」という心境で

未来を憂う前に 自分の出来ることに集中して

結果は天に任せるという心境に なれれば 

何事も 信じられないほどうまく運ぶんだろうな。(*^_^*) 

| | コメント (0)

電光石火のごとく!

100616_003 なかなかスッキリしない

夏風邪に悩まされつつ

信用金庫へ行って来た。

「今、定期預金をすると

遼くんのタオルがもらえます!」

と書かれたポスターと

実際のタオルを横目で見ながら

窓口で 支払いを終えた通帳を受け取っていると

目の前を ブ~~~ンと蚊が!

「パチッ!」

窓口のおねえさんが 何事も無かったかのように

一発で しとめたのを目にした。

思わず 「上手!!」と 声が出てしまった。(*^_^*)

普段 俗にいう 虫も殺さぬような涼しげな顔をし

応対の時も 必要な言葉以外は聞いたことが無いような 若い女性で 

どちらかというと 話しかけにくい雰囲気をかもしだしていたので

そのギャップに なんだか思わず声が出てしまったのだ。

すると

「なんだか 最近やたらに蚊が飛んでいて・・・。

水は この周りに無いんですけどね。」と

涼やかな顔で 話してくれた。

たぶん お客さんが出入りする時に 一緒について店内に入るのだろう。

蚊が 思わぬ会話を運んでくれたことに

なんだか 少し風邪が抜けたような気分だった。

振り向くと 窓口の女性は 普段どおり仕事をしていたが

なんとなく 楽しげに見えた。(*^_^*)

| | コメント (0)

楽しみにしてたのに・・・・・。

100616_001 いよいよ 待ちに待ったW杯!!

あまり期待出来ないと

マスコミでは

報道されているけれど

初のアフリカ開催であるし

純粋に

スポーツを楽しむことや

みんなの気持ちが

一つにまとまること

そんなことから

カメルーン戦は 絶対に起きて見るぞ!と

決めていた。

それなのに その3日前ぐらいから どうも 調子がいまひとつ。

身体が重く 鼻水が止まらなくなってきた。

頭も痛い。

咳が出る。

しかし 見なくては! 絶対見るぞ!!

その晩

試合開始の3時間前

測るのを避けていた体温を測ってみると

38℃を超えていた・・・・・。

プツッと糸が切れたように

そのまま 深い眠りについた。

翌朝の報道で 日本が勝ったことを知ったが

素直に喜べない自分がいた。

なんで なんで~~~~。

一緒の時を共有できなかったんだろう。

「ヤッターーー!!」

夜中 声に出せなくてもいいから

そうやって 喜びを共有したかったのに・・・・。

放映されるみんなの笑顔を見るたびに 悔しくなってしまった。

すばらしい快挙だというのに!

いや まだこの先は長い!

これからも十分 楽しめる!!

一つのことに気持ちを集中して 一喜一憂すること

そういう機会を持てることって なんて素敵なんだろう。

ありがとう!(*^_^*)

 

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »