« 迷子のメールが | トップページ | 豊かに生きるために »

銭湯の番台で

7 最近何故か

銭湯の話題を

目にすることが多くなった。

籐で編まれた籠の話や

煙突の話。

他にも 

髪の毛を乾かすドライヤーの話や

(おかまと言ってた。)

桶のケロヨンの話。(知らない人は、まったくわからないだろうけど・・・。)

実は 母方の叔母の嫁ぎ先が 東京で20年ほど前まで銭湯をしていた。

小学生の頃は 時々その銭湯に遊びに行き

終い湯まで頑張って起きていて 銭湯の掃除を手伝った。

それに 広いお風呂に入った後 フルーツ牛乳を飲ませてもらえるのが

とってもうれしかったことも覚えている。

そして お客さんがまだ入っていない番台に座って

「いらっしゃいませ~!」と

銭湯ごっこをして遊んだものだった。

しかし その銭湯も お客さんが少なくなり廃業を余儀なくされた。

時の流れは 色んなものを変えてゆく。

それに 敏感に反応していかないと うまく立ち回れないのかもしれない。

しかし 基本になる人間同士のつながりは変わらないのではないか

そうあって欲しいなとつくづく思うのであった・・・。(*^_^*)

|

« 迷子のメールが | トップページ | 豊かに生きるために »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 迷子のメールが | トップページ | 豊かに生きるために »