« 快晴! | トップページ | 知らないうちに・・・。 »

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

Yamabuki TBSのドラマ

「JIN -仁ー」で

主人公が口にする

言葉に

「神は 乗り越えられる試練しか

与えない」

というものがある。

家族ぐるみで交際している知人の21歳の息子さんが 

小学校6年生の時に1型の糖尿病を発症した。

2型糖尿病は 主に過食や運動不足 ストレスが原因だが

1型糖尿病は「自己免疫によって 自己のインスリン産生細胞

(膵臓ランゲルハンス島β細胞)が破壊される」ために発症するもので 

遺伝や生活習慣には関係なく ある日突然発症すると言われている。

それも 原因は まだ不明らしい。

小学校6年生の夏 しきりに水を飲みたがり

ペットボトルを抱えるように飲んでいて

少年の母親は (そんなに汗かいていないのに 変だな・・・。)と

思っていたらしい。

そして いつもは 喜んでついて来る買い物にも

「身体がしんどいから きょうはやめる。」と 言うので家に置いていった。 

帰ってみたら ほとんど意識が混濁した状態で 横たわっており

病院へ連れて行ったら 低血糖を起こしていて

もう少し遅かったら 命に係わっていたと言われたそうだ。

しばらく 入院したのち 修学旅行があったのだが

学校からは「一人の子供に注意を払うのはむずかしいから

欠席してもらえないか。」と言われたという。

あまりにも それはかわいそうだというので

両親がバスの後を車で一緒について周り 宿舎も一緒のところをとり

なんとか 修学旅行に行かせることが出来たそうだ。

食事にも気を使い カロリーの計算も必要だし

なんといっても 何時間か置きに自分でインスリン注射を打たなければ

命を保てない。

コックさんを目指して料理学校を卒業し 就職先を探していたのだが

21歳の今になっても 働ける場所を見つけるのは困難なようだ。

「神は 乗り越えられる試練しか与えない。」

その病気を持つことによって 彼が 何か他の人には得がたいものを得

大きな器となって これからの人生で花開くことになるのだろうとは思う。

しかし 願わくば その試練を早く終わりにさせて欲しい。

新薬は もうすぐ 開発されるに違いないと信じている。

ただ 神はその試練を選んだ者に 試練に打ち勝つ力があると認めた場合のみ

経験することを許すと 聞いたことがある。

神は試練を与えるわけではなく

選んだ試練を経験することを許すのだったら

それだけ 愛されている・認められているということになる。

神に見放されているわけではなく 信じられていることになる。

しかも それをどう考えるかも 私達の自由意志にゆだねられている。

   

|

« 快晴! | トップページ | 知らないうちに・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も言葉に共感して、検索した結果、ここにお邪魔しました。

言うは簡単ですが、きっとその言葉が、その知人の息子さんに映えるものになってほしいと思います。

投稿: ゆうゆい | 2009年12月27日 (日) 01時46分

ゆうゆいさん コメントありがとうございました。
とても うれしかったです♪

神は「その試練に挑戦出来るだけの資質を持った者」

に GOサインを出すのではないかと最近は思っています。

ゆうゆいさんの温かい気持ちが 私の知人の息子さんにも

届いていると思います(*^_^*)

投稿: mayan | 2009年12月27日 (日) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 快晴! | トップページ | 知らないうちに・・・。 »