« 日曜劇場 『JIN-仁ー』 | トップページ | 今度はカマキリ »

つがいの百舌(モズ)

Aki_006 最近 夕方になると

近くで「キィ~キィ~」という感じの

鳴き声がするようになった。

主人の話によると

どうやら 

家の裏にある作業場のひさしに

モズが 巣を作ったらしい。

U字溝の中に それらしきものがあるようだ。

夕方 それも ほとんど暗くなって 姿が見えにくい時間に

鳴きながら巣に入るのを 主人が見つけたが

少し近づくと すばやく出て行ってしまい なかなか用心深い。

しかし 確かに2羽が出入りしているという。

百舌と書くように 色んな鳥の鳴き声を真似するようだ。

それに 百舌の早贄(はやにえ)というのが有名で 

取った獲物を 木に突き刺しておいて食べるのだそうだが

その高さによって その年の積雪量を知ることができるとも

言われているらしい。

ただ 突き刺した獲物を 百舌が全て食べるかというと そうでもなくて

そのまま 放置されることも少なくないそうだ。

獲物が大きいと食べにくいので そうやっておいて 少しづつ食べるのではとか

縄張りを示しているという説もあるようだが 真相は今だ謎といわれている。

この文章を書いている間も さまざまな小鳥の鳴く声が聞こえるが

あらためて感じたのは 鳴き声を表現するのは ほんとうに難しい。

書き表せない豊かな鳴き声であふれている。(*^_^*)

|

« 日曜劇場 『JIN-仁ー』 | トップページ | 今度はカマキリ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜劇場 『JIN-仁ー』 | トップページ | 今度はカマキリ »