« 良かった♪ | トップページ | 琵琶湖一周 360円の旅 »

モスキート

001 高周波の不快音

(モスキート音)を流して

深夜の公園などに

若者たちが 

たむろするのを防ごう!

こんな実験を

5月から東京・足立区が始めるそうだ。

公園のベンチやトイレなどが壊されることが

近年 問題になっていて 何度直しても同じことの繰り返しだという。

その多くが夜間に集まる若者の仕業とみられるために

まず 被害が多い公園1か所で 高周波音発生装置を設置し

効果があれば ほかの公園にも導入する方針だそうだ。

そのイギリス製の高周波音発生装置の名前が

そのものズバリの「モスキート」なのだという。

高周波音は加齢により聞こえにくくなり

個人差もあるが 30歳以上になると聞こえなくなる。

その一方で 10歳代の若者にはよく聞こえるとされている。

以前TV番組で イギリスのコンビニの前に たむろする若者が

この装置で居なくなったという話を取り上げていたことがあった。

スタジオの若い人たちは 耳を押さえて嫌がっていたが

40歳以上の人たちは 「何も聞こえない。」と平気な顔をしてた。

 
開発者はユーモアあふれる科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の

平和賞を2006年に受賞したそうだ。

しかし・・・・。

この話を書きながら ふと思った・・・・。

蚊の「プ~~~ン!」と言う高い音 

そう言えば 最近聞いたことがない!

もう何年も。

もちろん 蚊には刺されている。

そういうことか・・・・・。

人体って 不思議だな~♪ と冷静さを保っておこう。(*^_^*)

モスキートが活躍しても ただ 若者が たむろする場所を他に移すだけで

問題の根本的な解決にはならないんだろうな・・・。

若い健全な力を 必要とする人や場所が あるだろうと思うんだけど・・・。

なんとかならないものかな。

必要とされることで 生きがいを見つける人がきっと居るだろうに・・・。

そういうことの解決策に 税金が使われるのであれば

うれしいと思うのだけれど・・・。 

|

« 良かった♪ | トップページ | 琵琶湖一周 360円の旅 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良かった♪ | トップページ | 琵琶湖一周 360円の旅 »