« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

日本語は むずかしい・・・。

022  子供の頃から

本を読むのが好きだった。

だから小学生の頃は

母親に

「この字 なんて読むの?」

と聞いた覚えはあるが

この年になって

こんなに読めない漢字に遭遇するとは 思わなかった・・・。

今は パソコンや携帯で文章のやり取りをするので

漢字は 自分では書けなくても 変換をすれば簡単に書くことが出来る。

ひらがなのまま変換しないでくれたほうが 読む側にとっては

ありがたい時もある。

昨日もメールの「足掻いている」が読めなかった。

(ん?これは 地方の方言かな・・・?)などと 恥ずかしくも思ってしまった。

足を掻くって?

やがて「足掻いている」を どう読むかが判明した時

なるほど 今の私と一緒の状態か!と笑ってしまった。

みなさんは 読めましたか?

足掻いている=「あがいている」

| | コメント (0)

気持ちや力を合わせること

2009_012 1~2週間前に

東京の老舗の帽子屋さんが

経営が苦しくなって

倒産は まぬがれたが

廃業をせざるをえなかった

という

ドキュメンタリー番組を見た。

そうしたら昨日 朝のTV番組で 関西のある帽子屋さんが

売り上げを伸ばしているということを 取り上げていた。

その帽子屋さんの社長は 不景気を乗り切るためのアイデアを

経営者や社員だけではなく 係わっている従業員すべてに

募ることで 会社の存続を図っていた。

従業員たちは 通勤に自社製品の帽子を必ずかぶり

パートも含めて 新商品のアイデアを開発会議で提出して

採用されたら褒章制度があるなど

働く全ての人が 会社の経営に参加している感じがした。

従業員と経営側が遠く離れ 顔も知らないと言う状態では

簡単に解雇することも可能だろうけど

一緒に会社を盛り上げていこうと頑張っていたら

そんなことには簡単にならないし 働くのも楽しいだろうと想像する。

今の経済危機は いろんなことを学ぶ良いチャンスであり

全ての事柄は 起こる意味があるんだとあらためて思う。

自営業のうちも例外ではない。

気持ちと力を合わせることで 乗り切ろう!(*^_^*) 

| | コメント (2)

理想の「結婚」

2009_011_2 最近は「婚活」などという

言葉も聞くように

なってきた。

就職活動を

「就活」というように

結婚する為の活動(?)を

「婚活」というのだそうな。

今現在 結婚している人にも これからの人にも

「結婚」に関して書かれている文章で 参考になりそうなものを見つけたので

書いてみようと思う。

私自身 この文章を読んで 反省やら感激やら色んな思いが

頭の中を駆け巡ったので・・・。(*^_^*)

 ☆ーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーー☆

結婚とは 愛し合う二人が結ばれていることを選択する限りは続く結びつきで

平等なパートナーとしての愛するものと共に

パートナーシップにつきものの 権威も責任も平等に分かち合い

重荷も平等に背負い 栄光も平等に分け合って歩む人生の旅である。

結婚が成功であるかどうかは 何が与えられ受け取られたか

何が理解され 思い出されたか

何が分かち合わされ 癒されたか

そして どう成長したかで 決まる。

結婚とは チームワークである。

 ☆ーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーー☆

この 文章を読むと

これから結婚する人は チームメイトとして一緒に歩もうと思える人を探そうと

考えるだろうし

すでに結婚をしている人は

チームメイトとして 尊敬しあえる存在になろうと考えるのではないだろうか?

理想の結婚の決め手は やはり 「共に成長できる相手かどうか」

ということになるのかな・・・。

♪(*^ー゜)v(*^▽^*)*☆

| | コメント (0)

数字の「21」は 何を示しているんだろう・・・?

2009_010 3日ほど前のことだった。

長~い夢を見た。

目覚まし時計で 起こされると

疲れきっていた。

夢の途中で

「あ~ これは夢だったんだ。 

良かった。」

そう思ったのにも かかわらず

何度も何度も 夢の続きを見ていた。

なので 起きた時 疲れきってしまっていたのだと思う。

京都の町屋のような しかも とても大きな屋敷に住んでいて

その日に 着なければならない服を

いくつものタンスを見て探し回っている自分が居る。

早くしなければ 時間に間に合わない。

「早く 早く!もう駄目だ 間に合わない!!」

まず ここで「あ~ これは夢だったんだ・・・。」と

夢の中で ほっとした。

その後 なぜかしら法事を行なっていて

多くの人の食事の接待をしている。

テーブルの上には 色とりどりの料理が並べられ

しかも 料理人達が 家の中に何人も居た。

そして その後片付けをしている時に その数字があらわれた。

「この全ての器類は 『21』で一揃いだから ちゃんと確認してね。」

大きさもほとんど似たような器が 何種類もあり

箱も 似たような大きさで

それを 間違えないように 大切にしまわなければならない。

『21』

何度も何度も 繰り返しあらわれる数字が 『21』だった。

(普通 「21で一揃い」なんて 考えられないのに・・・。)

夢の中でも そう思いながら 箱書きの訳の分からない名前に

うんざりしつつ 片づけをしている時に 目覚ましが鳴った。

「助かった~~~。」でも 疲れた。

いったい 『21』は 何の数字だろう?と思って 今日ネットで調べてみた。

21数の意味は、奇跡・大復活・金運の意味があり、 

大強運の数で、弘法大師様の数でもあります。

v(。・・。)イエィッ♪

| | コメント (0)

たまには 立ち止まったとしても 前に進む!

2009_006 ニュース番組は

何故 人々を

明るくする話題を選んで

流さないんだろう・・・?

このところの 不景気の話題に

辟易していた。

しかし 今日 偶然(?)手にした本に書かれていた言葉は

そんな気分を 一掃してくれるものだった。

その中のいくつかを 書き上げてみようと思う。

『逆境の中には それ相応か それ以上の大きな利益の種子(たね)が

含まれているものである』

『失敗を話せば失敗が 成功を話せば成功がやってくる』

『敗北は 過去から引きずっている敗北感からやってくる』

『積極的な心構えの持ち主は 積極的な心構えの持ち主である

別の人間から 恩恵を自動的に手に入れる』

そして 特に強調していたことは 『自分自身の直感を信じること

自分の行動を他人の言葉で左右されることなく 自分自身を生きること』

エジソンは子供の頃 学校教育の場からはみ出していた為

学校へ通うことを拒否されていたそうだ。

教師からは 駄目人間扱いをされ否定された。

しかし エジソンは自分自身を信じていたし 内なる声をしっかり

聞いていた為 すばらしい結果を残した。

最後に 毎日こう自分に言い聞かせると良いと書いてあった言葉を。

『私の目的と合致する意見 あるいは影響のみ 私の心は受け入れる。』

自己否定や自分自身を責めることが もっとも生きにくくするそうだ。

この本の題名は・・・。

実は 待合室に置いてあった本から メモしたものなので 本の題名を

書こうと思っていたのだが その前に呼ばれて書き忘れてしまった。

著者は ナポレオン・ヒル

たまには 立ち止まったとしても 顔をあげて前を向いていれば

前に進む勇気は出てくると 私は思う!(*^_^*)v

| | コメント (0)

夜十時の幸福行き列車

2009_004 妹が

おもしろいよ♪と

貸してくれた本がある。

著者はマーシー・シャイモフという女性

そして 

脳科学者の茂木健一郎氏が 

訳をしている本

『脳にいいことだけを やりなさい』というものだ。

その中で その気になりさえしたら 誰にも出来そうなことが書いてあったので

記しておこうと思う。

2004年 「サイエンス」誌にこんな記事が掲載されたそうだ。

「睡眠の質は 家計状態や夫婦関係よりも、 日々の幸福感に影響を与える。」

アーユルヴェーダ(インドの伝承医学)には 

「真夜中前の1時間の睡眠は 真夜中過ぎの2時間より価値がある。」という

教えがあるという。

「気持ちが落ち込んだ時には 続けて3日間 夜10時(できれば9時)

には眠りなさい。」

これをすると 3日後には世の中が違って見え

身体中にエネルギーが満ちあふれ 元の明るい自分に戻れるという。

さらには 深呼吸と共に  細胞の中に溜まっていた痛みや不安や恐れなどを

宇宙へ放出するように想像する。

全てのエネルギーが 宇宙の偉大なパワーと入れ替えることになると

心から信じること。

とても 夜10時になんて眠れない。と思うかも知れないけど 

身体中のエネルギーを

宇宙に満ちている 清浄な すごいパワーと入れ替えるイメージをするだけでも

すごい威力がもたらされるようだ。

もちろん 私たちは みんな宇宙の一部なんだから 可能に違いない。

その他にも なるほどなーと感心しきりの記事が満載だった。 

「幸福行きの列車」は 毎晩走っている。(*^_^*)

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »