« ご本尊さまのお顔に | トップページ | ゆるキャラ祭り in 彦根 »

宇宙の3ミリ

Clipboard  今日受け取ったメルマガに

本の紹介があった。

その題名は「人生という名の手紙」

といい その中の一部分について

紹介していたのだが

考えさせられる内容だったので

記しておこうと思う。


ダニエル・ゴットリーブという著者は、33歳のとき交通事故により

首から下が麻痺し 明晰な頭脳と四肢麻痺を抱えた人間として

生きていかざるを得なかった精神科医。


ある時、ダニエルは重度の床ずれがお尻に出来てしまい

その傷がふさぐまで約2ヶ月寝たきりの生活を強いられる。

ようやくその期間を乗り越え社会に復帰したと思ったら

また床ずれが再発してしまった。


ダニエルは またベッドに縛り付けられる生活に戻らざるをえなくなり

度重なる寝たきりの生活に 自尊心も希望も何もかもが粉々になってしまい

絶望を通り過ぎて苦しみに耐えきれない思いでいたとき ある夢を見た。


☆☆☆  神様がダニエルのところに来てこう言いました。

「あなたに宇宙のかけらを与えます。

あなたの仕事は、これを大切にすることです。

大きくしたり、良いものにする必要はありません。ただ大切にしなさい。

そして 私の準備ができたときそれを取り返します。

その時、あなたの人生は終わるでしょう」


ダニエルは神様の手にある宇宙のかけらを見ます。

すると、それはたった3ミリの大きさしかなく 著名な精神科医である

自分の持ち分がたった3ミリだなんて!と、最初彼は怒りを覚えるのでした。

でも、自分の3ミリを神様に返すまで生きていかなければならない

ということにダニエルは感謝を覚えるようになります。


自分の人生の役目は、その宇宙の3ミリを大切にすることだ。

変えることも良いものにもする必要はない。

ただ、生きて、神様が与えて下さったその3ミリを大切にすればよい。

そのために生きている。☆☆☆



宇宙にある 誰もが託されている3ミリ分の宇宙。

変えることも 良いものにする必要もない。

ただ それを託されている人は 

神様が「もういいよ」というまで生きている必要がある。


変えることも 良いものにする必要もないという部分には

預かっているものは完璧という意味があり 大事に守リ続ける事こそに

意義があるということだろう。


地球の自然は 完璧な秩序によって運営されている。

それを 壊しているのは人間だけであることともつながっている気がする。

自分が預かっている「宇宙の3ミリ」も 大事に預かって

そのままの形で お返しできるようにしたいなと強く思う。

|

« ご本尊さまのお顔に | トップページ | ゆるキャラ祭り in 彦根 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご本尊さまのお顔に | トップページ | ゆるキャラ祭り in 彦根 »