« 試合では 何故打てないのか | トップページ | ジャンプの写真 »

60年前 カナダから持ち帰った刃物

100_2516 「いくらかかっても良いです

お願いします。」

10日ほど前

主人が懇願されて

受け取った刃物は

60年前にカナダから

持ち帰った「刈り込みバサミ」だった。

さすがにカナダのものは 日本のものと違って持ち手も太いし

刃物自体も大きく重い。

たぶん その人のお祖父さんがカナダへ移住していて

日本へ帰るときに 持ち帰ったものではないだろうか・・・。

60年経ち ネジは錆び付き 刃先は丸くなって ただの鉄の塊に近くなっていた。

ネジが外せないと 研げないことから

「もしかしたら 研げないかもしれません。

思い出の品のようですから なんとかしたいとは思いますが・・・。」

主人は お客さんの強い思いに 研ぎあがってお客さんが喜ぶ顔を

是非見てみたいと思ったのだろう。

ネジを外すために 色んな算段をして 結局見事に研ぎあげた!

今日 受け取りに見えたお客さんは 自分が覚悟していたより

はるかに安い金額で 見事に生まれ変わった刃物を見て

「よろしくお伝えください。」と 何度もお礼を言って大事そうに持ち帰った。

(結局 笑顔を見ることが出来たのは 私だった・・・。)(*^_^*)ゞ

仕事をするというのは もちろん生活の糧を稼ぐことも目的の一つではある。

しかし 自分の出来ることを最善を尽くす 出し惜しみせずに与える

そういうことで 他の人の喜びの笑顔を見られることが

ひょっとしたら 一番の目的なのかもしれない。

「きちんと自分の役目を果たすこと。」

そこには 恐れも必要ないし きっと楽しさも同居しているはずだ。

私は 私の出来ることを 楽しんで 出し惜しみしないでや~ろう♪(v^ー°)



|

« 試合では 何故打てないのか | トップページ | ジャンプの写真 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

奉仕であること!
これね♪

投稿: sarabacco | 2008年9月 2日 (火) 22時08分

その中に 奉仕の部分があってこそ 

「本来の力が出せる」ということなのかな・・・?

誰かの役に立てることが うれしいし パワーを生む

と思うんだよね♪

ただ お金の為というのではなく・・・。

だから 能力を持っている人は どんどん使って欲しい。

笑顔は 次の笑顔を生むのだ!

投稿: mayan | 2008年9月 3日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試合では 何故打てないのか | トップページ | ジャンプの写真 »