« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

世の中 なかなか捨てたもんじゃないと 思うとき

Taoru_002 先日 買い物から帰り

一時間ほど経ってから

買ったティッシュペーパーを

スーパーのバックカウンターに

置き忘れて来た事に気づいた。

電話をかけて

印象付けるのも恥ずかしいし

もしも サービスカウンターに届けられていなかったら

それも 嫌な思いをするし・・・・。

色んなことを考えて その日は

「買わなかったことにして あきらめよう。」と決めて 考えないことにした。

次の日 同じスーパーに出かけたので 駄目もとで聞いてみようと思い

「昨日 同じぐらいの時間に ティッシュペーパーを忘れたんですけど

もしかしたら 届けられていますか?」と尋ねると

「トイレットペーパーですねー!ありますよ。」

と 指差したので 

「いいえ ティッシュペーパーです。」と答えたら

『忘れ物帳』を手にしつつ

「はい ティッシュペーパーもありましたよ。」と

売り場から 持って来てくれたのだった。

なんだか いとも簡単に事がなされ 買った証拠のレシートを見せるでもなく

カードの記録を見るでもなく 一瞬で解決してしまったことに

ぐずぐず考えていたことが 馬鹿らしく思えてきた。

それにしても スーパーに買った物を置き忘れる人って 結構居るんだな・・・と

自分のおっちょこちょいを棚に上げて おかしくなった。

それに忘れ物を きちんと届けてくれる人がほとんどなんだろう。

嫌なニュースで 憂鬱な気分になりがちだが 日常の生活を

ほとんどの人が正直に 真面目に暮していることをあらためて

確認できたような気がした。

忘れ物をするのも たまにはいいかもしれない。

いや ちゃんとしっかりしないと・・・。。(*^_^*)ゞ

| | コメント (0)

タオル地のコースター

Taoru コースターは 我が家には必需品だ。

晩酌や 寝る前の水割りに!

(もちろん 夏の冷たい飲み物にも

使うのだけれど・・・。)

でも このコースターが悩みの種で

ぴったり しっくり来るものがなかなか無かった。

何度か手作りもしたけれど

厚いと 中の水分がなかなか乾かずに カビてしまったり

薄いと 水を吸収しきれずに ビチョビチョになってしまったり・・・。

主人から 駄目出しを何度か受けたのだった。

以前使っていたタオル地のコースターが

一番 使い勝手が良かったので ドライブに出かけた時などに

注意して探してみるのだが なかなかこれというものが見つからなかった。

今まで使っていたものも そろそろ変え時になって来た。

それで 今回試しにネットで探してみることにして 見つけたのが

写真のコースター。

今治タオル ブティック (財団法人今治地域地場産業振興センターが運営している。)

中国産の安いタオルに押されて タオル業者も大変な思いをしていると

以前耳にしたことがあったが がんばっているんだなー。 とうれしく思いながら

HPを見せていただいた。

今日 手にして驚いたのだが タオルの生地がふわっふわなのだ。

きっと フェイスタオルなどを この生地で作ったものにしたら気持ち良いだろうなー。

高い技術を持っている日本の製品が 埋もれているのはやはりもったいない。

ともかく 今日から使うのが楽しみ~♪(なお 直径は10cmぐらいです。)

水割りも より一層 美味しく感じるに違いない!(*^_^*)

(飲みすぎには 十分気をつけましょう!)

| | コメント (2)

ガソリン代ばかり気にしていたら・・・。

Hana_2 ガソリン代の高騰が

問題になり始めたのは

暖かくなったので

灯油が必要なくなった時期だった。

このところ 朝晩はさすがに涼しくなり

日中は まだ暑いが 

だいぶ過ごしやすくなってきた。

ガソリン代ばかり気にしていたが 灯油代はいくらだろう?

真夏のある日 ふっと思ったのでスタンドで見てみると

なんと!122円 と書いてあるではないか(◎ー◎;)ビックリ

18L ポリタンクで買うとなると 約2200円

今日 確かめてみても 122円となっていた。

まだまだ暑い。

しかし あと2ヶ月も経ったら そろそろ暖房が欲しくなる。

その頃になったら安くなるかもしれない。

たぶん 今の灯油の値段よりは下がるはずだ。

だって ガソリン代が 微妙ではあるけど下がっているんだし・・・・・。

こんなことを エアコンをきかせた車中で考えていたが

先々の心配をしていることが 馬鹿らしくなってきたので止めた。

今 現在 灯油が必要なわけでは無いし

心配してもしなくとも 結果は一緒。

それに そんなことを気にして 憂いている今がもったいない。

もっと 楽しい事に目を向けよう!

ケ セラ セラ~~~♪

なるようになる

先のことなど わからない ケ セラ セラ~~~♪ (*^_^*)

| | コメント (4)

IT技術の進み具合に ビックリ!!

昨日 ウイルス対策に入れているNortonにエラーが見つかった。

その対処法を調べて そのとおりにしたのだが

結局『自動修復』までもが エラーになってしまい 

(どうしようかな・・・・。)と悩んでいた。

真っ赤にエラー表示されるNortonを眺めながら

(試しにHPを覗いてみよう。なにか良い解決方法が書いてあるかもしれない!)と

覗いてみることにした。

すると 「電話のサポート」と「チャット」というのがあったので

「チャット」を選択すると・・・・・。

Norton側で こちらの問題をフルコントロールで解決することも出来るという。

それなら 「次に ○を選択して そうしたら 次は・・・。」なんて 時間のかかることを

しなくて済むな・・・と思い 全てお任せすることにした。

ただ 「お聞きすることもあるかもしれないので そのままパソコンの前に居て下さい。」

ということだったので 画面を見ていると・・・・。

きゃー!カーソルが勝手に動き出して 画面が変わっている!!

えー なんだこれ~~~~!?

私は勝手に プログラムを読み込んで Norton側で修正して送り返してくれるのかな?

なんて思っていたのだが このパソコンを操作するなんて思ってもみなかった(~~;

いやーすごい。

こんなことが出来るんなら なんでもありだな・・・。

技術の進歩はすごい!

それを 使う側さえキチンとしていたら ほんとうにすばらしいことが出来るなと

しみじみ思ったのだった・・・。

それにしても とっても親切だったし 何よりも面白かった♪ (*^_^*)v

| | コメント (0)

木登りする猫

100_2508 何かが動いているな・・と

外の松の木を見ると

一匹の猫が 木に登っており

何かを見ている。

100_2512 この付近は

野良猫が多く

餌を与えることを 

楽しみにしている

お年寄りも居たりするので

(もちろん 無責任な行為なので 

禁じられては居るのだが・・・。)

毎日 入れ替わり 色んな猫を目にするけれど

木登りする猫は 初めて見たような気がする。

たぶん 木にとまっている蝉か小鳥に 手を出そうとしているのではないかと

思うのだが 良くわからなかった。

それにしても 猫は これほどまでに良く伸びるんだな・・・と

普段あまり目にしない背伸びを見て 妙に感心してしまった。

虎のような風格さえ持っているような気がして

思わず 写真を撮ってしまったのだった。(*^_^*)

| | コメント (0)

食事は楽しく♪

100_2525 写真のお皿は

5枚組の銘々皿だが

母が最近もらったものだ。

仕舞っておくと そのままに

なってしまうし

あまりにも絵柄が かわいらしいので

すぐに使おうということになり

食卓で 活躍することになった。(*^_^*)

福が来るようにという 祈りが込められているのだろうが

特に 「ふくだるま」(左側のお皿)の絵柄を見ていると

なんとなく 疲れも飛んでしまうような気分になるのが不思議だ。

ホッペを赤くして 福を一生懸命呼び込んでくれているような気がして

「ありがとう!」と 声をかけたくなる。

夏の疲れが そろそろ 出る時期でもあるし

「ふくだるま」に 応援してもらいながら 楽しく美味しく 食事を取ろう!

\(^○^)人(^○^)/アハハハハ♪

| | コメント (0)

ジャンプの写真

Photo またもや「ちちんぷいぷい」という

関西ローカルのTVネタで  恐縮だが

視聴者から寄せられた

「ジャンプの写真」を

まとめて放送するという

コーナーを一週間していた。

その写真が 実にみんな楽しそうで 

躍動感あふれていて

「さあ 写しますよ はい チーズ!」

なーんてことをしなくても

とっても良い笑顔が 写しだされる事に 感動まで覚えた。

たとえ 1cmや2cmであっても ジャンプをしようという身体は

すべての筋肉や神経がジャンプに向けて準備をし

生きている喜びを 表現するかのように 笑顔いっぱいになるんだな・・・と

色んなポーズで 繰り広げられる ジャンプ写真に見入ってしまった。

番組の最後に出演者のジャンプの写真を撮るのだが

それが なんやかや言いながらも とっても楽しそうだった。

写真は近所の2ヶ月の赤ちゃんだが この写真も見ているだけで

思わず 口元がほころぶ。

今度 写真を撮るような機会があったら 是非 ジャンプ写真に挑戦してみよう!

そうそう 青空がバックだと なおいっそう輝いてたな・・・。

| | コメント (2)

60年前 カナダから持ち帰った刃物

100_2516 「いくらかかっても良いです

お願いします。」

10日ほど前

主人が懇願されて

受け取った刃物は

60年前にカナダから

持ち帰った「刈り込みバサミ」だった。

さすがにカナダのものは 日本のものと違って持ち手も太いし

刃物自体も大きく重い。

たぶん その人のお祖父さんがカナダへ移住していて

日本へ帰るときに 持ち帰ったものではないだろうか・・・。

60年経ち ネジは錆び付き 刃先は丸くなって ただの鉄の塊に近くなっていた。

ネジが外せないと 研げないことから

「もしかしたら 研げないかもしれません。

思い出の品のようですから なんとかしたいとは思いますが・・・。」

主人は お客さんの強い思いに 研ぎあがってお客さんが喜ぶ顔を

是非見てみたいと思ったのだろう。

ネジを外すために 色んな算段をして 結局見事に研ぎあげた!

今日 受け取りに見えたお客さんは 自分が覚悟していたより

はるかに安い金額で 見事に生まれ変わった刃物を見て

「よろしくお伝えください。」と 何度もお礼を言って大事そうに持ち帰った。

(結局 笑顔を見ることが出来たのは 私だった・・・。)(*^_^*)ゞ

仕事をするというのは もちろん生活の糧を稼ぐことも目的の一つではある。

しかし 自分の出来ることを最善を尽くす 出し惜しみせずに与える

そういうことで 他の人の喜びの笑顔を見られることが

ひょっとしたら 一番の目的なのかもしれない。

「きちんと自分の役目を果たすこと。」

そこには 恐れも必要ないし きっと楽しさも同居しているはずだ。

私は 私の出来ることを 楽しんで 出し惜しみしないでや~ろう♪(v^ー°)



| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »