« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

将軍 徳川家定

100_2473 昨日の新聞に

俳優 堺 雅人さんの

インタビュー記事が載っていた。

NHKの大河ドラマ

『篤姫』の徳川家定役で

注目されている俳優さんだ。

もちろん 私も 

『篤姫』を楽しみにしている一人だが

徳川家定が亡くなる7月13日の放送は 関東地区で26.3%と

これまでの最高視聴率を記録したそうだ。

NHKには 「家定を死なせないでー!」という 無理な注文が

数多く寄せられたという。

(そんな 無茶な!)と思いながら それでも そういう気持ちも

分からないではない。

篤姫とやっと心を通わせることが出来て 家定が 生きることに対して

希望を見出した矢先の死は あまりにも残酷すぎる・・・・。

(もちろん 実際がどうであったかは 良くわからないが・・・・。)

インタビューの最後に書かれていた言葉に 堺 雅人さんの

純粋さや霊性の高さが現れている気がして なお一層親しみが

持てる気がした。

その言葉とは

「面白いことをやって 別の堺を見てみたいという視聴者の声なき声が

プロデューサーらを動かす。 すると 僕のところにオファーという形で来る

ということを 無邪気に信じているところがあるんです。」

今後の活躍が とっても楽しみな役者さんが また増えたー!(*^_^*)

| | コメント (2)

ダイエットの前に

100_2470 巷には いろんなダイエット法が

あふれている。

最近では 『レコーディングダイエット』や

『食べ合わせダイエット』などが

テレビで 取り上げられ

身体に必要な栄養をしっかり取りながら

一ヶ月 1kg減の ゆっくりしたペースで 

理想に近づけることが 良いとされている。

最近 読んだ本の中で ハワイのセラピストが ダイエットに関して

こう答えていた。

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

あなたの肉体に こう話しかけてください。

「あるがままの君を愛している。ずっと私と一緒にいてくれて

ありがとう。 もしも私に酷使されてきたと感じているのなら

どうか許してください。」と 

あなたの肉体を 一日のどこかで ふと立ち止まってみる。

愛と感謝の気持ちを込めるのです。

「ありがとう、私を運んでくれて。呼吸を、心臓の鼓動をありがとう。」

肉体をあなたの召使ではなく 人生のパートナーとして考えなさい。

小さな子供に語りかけるように あなたの身体に語りかけなさい。

仲良くなるのです。

肉体は より良く機能するためにたくさんの水を必要とします。

お腹が空いているように感じるかもしれませんが 実は喉が

渇いているかもしれません。

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

考えたら 生まれた時からず~っと付き合ってくれている身体に

感謝することが あまりにも少なかった。

ここが痛いとか

太っているとか

痩せているとか

形が悪いとか 

欠点ばかりを探して文句を言っていた。

食事を良く味わいながら 楽しくとり 美味しくなくなったら食べるのを止めて

感謝しながら 箸を置く。

そうすることによって 自然と適正体重に落ち着くようになる。

「私たちは あらゆるものの命をいただいて生きている。」

それを忘れず ストレスを  食べることによって解消することを

正さなければ・・・。

全ての命に感謝!! そして 自分の身体にも!! (*^_^*)

| | コメント (0)

目が点!

100_2402 スーパーから 一歩外へ出ると

うだるような 暑さ!!

はぁ~・・・( ´o` ) あっつ~!

停めておいた車に乗ると

思わず 「助けてー!」と

言いたくなるような空気が・・・(~~;

7月から この暑さだったら 

8月はどうなるんだろう・・・?と思いながら 

ふっと 出入り口近くのベンチに目をやると

80歳ぐらいと思われるおばあさんが 1.5L入りのウーロン茶の

ペットボトルを 片手でラッパ飲みをしていた!!


この暑さでは そういう気持ちも分からないでもない。

買ったばかりの良く冷えたウーロン茶は とってもおいしそうだった。

しかし おばあちゃん 重たくないの!?

思わず 目を点にしつつも 見入ってしまった・・・・・。


たぶん この暑さで スーパーに買い物に来るまでに

喉が渇いてしまい とりあえずここで飲もう ということになったんだと思うが 

500mlのペットボトルならまだ分かるけれど

1.5Lのペットボトルのラッパ飲みは 豪快そのものだった!


どうせ飲むんだから 大きい方にしておこうと思ったのか?

それとも 本当は家まで持って帰るつもりだったのか?

真相は定かではないが(そんな たいそうな!)

とっても元気そうなおばあちゃんだった。

おかげさまで この夏も 元気に乗り越えられそうな気がしてきた。(*^_^*)v

| | コメント (2)

ひらめき・直感

Photo 最近 

自分のひらめきや直感に

素直に従うことを 忘れていた気がする。

子供の頃は 

自分の内なる世界からのメッセージを 

なんのこだわりもなく

受け取っていたはずなのに・・・。

何かが ふっと心をよぎると

行動する前に 

(いやいや 思い出せ! 前にも こんなことがあったはずだ。

うまく行くわけがない 止めておけ!)

そんな風に 記憶が呼び覚まされ

ことを起こす前に ブレーキがかかる。


一事が万事 そんな風に 記憶によって動いているため

(それも めちゃくちゃネガティブな記憶!)

この先の 人生はとんでもなく暗いものになろうとしていた!


経験から学ぶことは必要だけれど 自分がこの宇宙の構成員であり

物質的な世界だけの生き物ではないことを

常に 心に留めておくことは大事かもしれない。


勝手に自分で作り出した狭い世界で くよくよ考えるのは もうやーめた!

すばる望遠鏡で映し出される映像は そんなことを考えさせてくれる。(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »