« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

良性の腫瘍!?

100_2404_2 夕べから まぶたに違和感があった。

今朝 目を開けようと思ったら

目ヤニで 開けられなかったので

(あー、目医者さん行きだな・・・。)

と 朝からテンションが低かった。

はじめて行く眼科医だったので

ちょっと緊張していたのだが

初診のための問診表を書いて ホッとしていると

すぐに呼ばれた。

何故か 眼圧を測られ(これはコースに入っているのかな・・?)などと思いながら

診察室に入ると

「どうしました?」と先生に聞かれたので

(それなら問診表に書く必要ないのに・・・・。)と思いながら答えた。

「右目に 夕べから違和感が・・・。」と話し始めると

「左目でしょ?」と 冷たく言われ

「あっ そうです。」と 笑いながら返しても 知らん顔をされ

「で、どうしました?」

「泣いた後まぶたが腫れて痛いような痛みがして」

「泣いてないんですね?」

「はい。」

う~ん 先生ともなんか違和感が・・・。

まぶたを診察した後

「左まぶたの裏側 中央寄りに『ものもらい』が出来ています。

良性の腫瘍です。

完治まで4~5日かかります。

その間 目をこすらないようにしてください。

点眼液と炎症止めの薬剤を出しておきます。」

とのこと。

良性の腫瘍って 「ものもらい」をわざわざ言い直さなくってもいいんじゃないかと

思いながら なんだか笑いが込み上げてきた。

みんなに「良性の腫瘍です!」って 言っているんだろうか?

20~30年ぶりのものもらいに 驚きもし うんざりもしながらも

こういう経験も おもしろいな・・・と 帰って来た。

ちなみに 関西では「ものもらい」を

「めばちこ」とか「めいぼ」とか言うのが普通らしい。

| | コメント (0)

教えてもらって ありがとう!

100_2398最近起こった事件で

被害者となった大学生の

父親がしていた話が

せつなく心に残っている。

☆ーーーーーーーー☆

息子とは 最近

話らしい話をしていなかったんです。

父親としての自分は 口を開けば

「なんだ その服装は!?ちゃんとしろ!」とか

「電気がつけっぱなしだぞ!」とか

息子の行動に文句を言うだけの存在になってました。

どうして もっといろんな話をしなかったんだろう・・・。

もっと 伝えたいことがあったのに・・・。

息子のことがどれだけ大事な存在なのか どうして言って来なかったんだろう・・・。

って 今になって こんなことになった今になって・・・。

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

インタビューは ここで終わっていた。

この話を聞いた人達は たぶん いろんな思いを抱いたに違いない。

そして それが日々の生活に少しでも反映されることが

この亡くなった大学生の供養になるのではないかと思う。

生きている”今”を 大切に思うことによって・・・・・。

| | コメント (1)

誰か 知ってる?

20080525122123先日 久々に東京へ出向いた主人が

帰って来てすぐに見せてくれた

← 写真がこれ。

東京に住む友人と待ち合わせをし

「これから どうしようか・・・。」と

話し合った結果

「オッサン2人で 赤坂サカスへ

行ってもな~・・・・。」ということになり

大丸百貨店の上の階にある

食事処へ行くことにしたのだそうな。

休日のお昼時とあって 

やはりだいぶ待たされて

うんざりしている時に トイレに出かけた。

すると こんな情景が目の前に!!

東京駅が眼下に広がり なんともいえない開放感で

実に気持ちが良かったそうだ。

さも ありなん!

しかし・・・一つ 気になることが・・・。

女性用のトイレは 一体 どうなっているんだろう・・・さて!?

誰か知ってたら 教えてくださ~い。  八(^□^*)

| | コメント (2)

会釈

100_2395 いつもほとんど満杯で

すぐには なかなか停められない

郵便局の駐車場が

今日に限って 

一台も停められてなかったので

内心(ラッキー!)と思いながら

駐車していると

一番出入り口に近いところにある 障害者用のスペースに車が停まった。

ふっと見ると 若い青年だったので(学生風だった。)

(そこは 障害者用だよ!? それに他にいっぱい開いているんだから・・・。

あー、でも ひょっとしたら 足の具合でも悪いのかもしれないな。)

などと 考えながら中に入ると すぐ後からさっきの青年が入ってきた。

自動支払機を使おうと思ったのだが バックから通帳を出して・・・などと

もたもたしていたら きっと若いおにいさんは

「はよせー!!おばはん!」などと 言わないまでも きっと思うだろうな

そんな風に思い とっさに(どうぞ!お先に使ってください。)というように

身体をよけて 促した。

すると 使い終わった そのおにいさんは

私を見て 会釈して通り過ぎたのだったー!!

若い人が起こしている事件に 胸を痛めることの多い昨今

会釈されるだけで こんなに平安な気持ちがもたらされることに

なんだか 不思議な気持ちにもなった。

それでも みんなお互いに 自分の出来ることをしながら

お互いを支えあって生きていることを 考えると

みんながつながっていることに 喜びが感じられる。

笑顔って いいな~~~(*^_^*)

| | コメント (0)

井伊直弼と開国150年祭

Photo_6 今日6月4日

井伊直弼と開国150年祭が

開催された。


去年 築城400年祭をした 

彦根は 

ひこにゃんの人気も伴って

今年も にぎわいそうだ。

6月4日というのは

井伊直弼が 1858年に

大老に就任した日だという。

NHKの「篤姫」を毎週楽しみに見ているが

ちょうど これから 歴史の大きな変革の時期を迎えようというところで

井伊直弼と篤姫のやりとりも描かれるらしい。

安政の大獄」から連想される井伊直弼像とは また違った面を

いろいろな角度から 知ることが出来るかもしれない。


最後は 桜田門外で 水戸浪士などに暗殺されたのだが

まだ若い46歳だった。

14男として生まれたのにもかかわらず 藩主となり

その後の日本に大きくかかわった井伊直弼を

あらためて知る 良い機会になりそうだ。(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »