« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

遊び心 その後

Photo_2 あれ!?

子供の恐竜の

足跡が増えてる!


次の日 

同じ売り場へ行ってみると

こんなふうに

足跡が・・・。

「なーんだ。」

時間が無かっただけか。


なんだか 安心したような 

でもちょっと拍子抜けしたような 妙な気分だった。


それにしても 子供の恐竜が けなげに大人の何倍もの動きをして

一生懸命親にくっついて 歩いている感じが良く出ている。

何の仕事でも こんな遊び心をもって 楽しく出来ると

いい仕事になるんだろうな・・・。

(。・・)_且~~ お茶どうぞ    (*^_^*)

| | コメント (2)

遊び心

Photo_4 普段 よく行っている

スーパーのお菓子売り場で

見つけた足跡。


同じものを扱っているのなら

値段など関係ない子供たちは

恐竜の親子の足跡!

が付いているスーパーの方へ

行きたいと思うだろうな・・・と

思ったのだが どうだろう?



しかも 子供のほうの恐竜は途中で足跡が 消えている!?

大人の恐竜の足跡は 反対側の売り場まで続いているので

たぶん 子供の恐竜は大人の恐竜に抱えられたか

足元に乗って移動しているに違いない!


そんなことを 考えながら買い物をするのも悪くない。

こんな風に 遊び心のある人達が働いている為か 

このスーパーは  いつも込んでいるし 

回転が良いので新鮮なものが置いてある。


真面目に仕事をするのは もちろんだが

時には こんな遊び心が必要だな・・・・と笑いながら思った。

(*^ー゚)b グッジョブ!!

| | コメント (0)

仕事を求めている人へ

100_2391_2こんな文が目に止まり

なるほどな~~~と

思ったので 書き留めて

置くことにした。





ミャンマーの上座部仏教日本人僧侶 ガユーナ・セアロへの

問いと答え 。

問.

   とても仕事をしたいと思っているのですが なかなか仕事が

   入ってきません。

   このような時には どのように過ごしたらいいでしょうか?

答え

   仕事をしたいだけなんだろう?

   その次の言葉を隠して「仕事をしたい」と言うから来ない。

   とてもシンプルなの。「給料要らないから働かせてくれ」と言えば

   仕事は来る。

   働いたら 何かを得たい 得られるのが当然だ・・・・。と思うから

   仕事は来ない。

   働いて 楽しかったら後で金が来る。面白いよ。

   私はこのぐらいの実力があるから 私はこういう所に居なければ

   いけない・・・ いるはず・・・ そう思うから その価値が下がる

   ことをとても嫌う。

   自分の過去の実績だと言って 今の自分の目線が 過去の

   範疇の自分しか見て居ない。自給500円でも 300円でもいい 

   働くことが好きなんです。

   そういう人は 必ず実力を正当な評価で見られるから

   すぐに君の実力にあったところへ行ける。

   自分が自分を楽しんでいる時には 人の評価に

   振り回されることはない。評価は後についてくる。

   同時に来るのを求めるんだったら 相当な実力をつけない限り

   望むそれは来ない。

   働くことだけが好きな君になってごらん。

   それがないと生きていけない。

   お金が無いと生きていけない・・・ 本当か?  あり得ない。

   この世で 必要な君だったら 必ず生きていける。

   君が価値ある人間かどうか 人は後で見るのであって

   最初に必要なのは 自分が自分の価値を認めることだね。

   その価値は自分のものだから どこでどんな仕事をしても

   壊れない。下がらない。

   『価値ある私が 私を喜ぶ為に働く』いいねー。

   自分が輝いていたら みんな見に来るの。見せなくても。

   輪の中に入ろうとしなくてもいい。輝いたら輪が出来る。

          『私は私 ガユーナ・セアロの至道録』より 引用

| | コメント (0)

ひこにゃんに・・・出合った~♪

100_2427 100_2424_2 100_2422_2 100_2434_2













彦根に住んでいて 彦根城を毎日目にしていても

なかなか行くことは無いのだが 

昨日主人が 彦根城博物館 でやっている

テーマ展「国宝・彦根屏風」 

テーマてん こくほう ひこねびょうぶ

2008年4月18日~5月20日
8:30~17:00(入館は16:30まで)

を見つけて 見に行こうと誘ってくれたので出かけることになった。

その帰りと「ひこにゃんのお出まし」の場所と時間が 

たまたま一緒になったので せっかくだから見て帰ろうということになり

びっくりするほどの大勢の人とひこにゃんを楽しむこととなった。

子供が「ひっこにゃ~~~~ん!」と呼ぶ声が あちらこちらから

にぎやかに聞こえ あらためて ひこにゃん人気のすごさを知った。

子供の笑顔を見ている親達や大人の笑顔は

ひこにゃんのゆるキャラが やっぱり作り出しているんだろうな・・・。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »