« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

春なのに・・・。

100_2349 このところ

どうも欝気味だ・・・。

なぜだろう・・・?

ポカポカと暖かな

春の日差しは

とても 心和らぐものだし

庭(隣の)には 

メジロまで姿を見せ 

朝はウグイスの鳴き声で目を覚ますなど

とても 欝になるはずはないのに・・・。

実は さっき気が付いたのだ!

たぶん そうに違いない。

「ちりとてちん」が もうすぐ終わってしまうからだ・・・・。(o´_`o)ハァ・・・

HPを見ていると 熱狂的なファンが大勢いるようだし

一日に 何度も見ている人も多いと言う。

私は 朝一回見ているだけで そんなにめちゃくちゃなファンだとは

思っていなかったのだが たぶん いつの間にか引き込まれていたのだろう・・・。

今週の週末に終わってしまうことが 寂しい・・・むなしい・・・。

でも考えたら 前回の『どんど晴れ!』の時にも そんな風に思っていたかもしれない。

いや でも 今回はちょっと違うかな・・・?

日本中に もしかしたら こんな気分で居る人が大勢居たりして・・・?

なにはともあれ 最終回を見終わってから考えよう!

「『ちりとてちん』の喪失による 心の空洞を埋める作戦」

はぁ~・・・( ´o` )

いやいや ため息なんてついている場合ではない!

まだ 終わっていないんだから・・・。

\(>0<)/ がんばれ~ ~~~~♪

| | コメント (2)

「南」

100_2318 「金八」シリーズを見続けている。

夕べは 最終回。

卒業式のシーンだった。

その後 金八先生が 

生徒ひとりひとりに 文字を送った。

何故 その文字を送るのかという説明を

しながら その子供を認め勇気付ける。

ティッシュを片手に グスグス鼻をすすりながら 見ていたが

「漢字をこんな風に教えてくれていたら もっと覚えられたのにな~。」と

主人がつぶやいた。

「そうだよね・・・・。」

「南」という文字の説明が なんだか一番残ったので

記しておこうと思う。

「柵のない方へ 羊が自由に動けることを 意味している。」のだそうだ。

南に広い草原があり 北側で眠っていた羊が 朝になると放たれて

お日様の元で 自由に動き回る そんな風景がワーッと広がり 妙に納得した。

春は 新しい環境へ向かう人達の 希望のエネルギーにあふれている。

「がんばれー!!」 ♪(*^ー゜)v(*^▽^*)*☆ガンバ☆♪

| | コメント (2)

魔の第三日曜日!?

100_2343_2あんなに 寒かった日々が 

遠い昔のように思える

ポッカポカの日が 訪れた。

「ついに 来たなー!」という

主人のうれしそうな声と共に

『福井の蕎麦巡り』が 再開した。

「どこから 始める?」と 

2週間ほど前から 検討を重ねた結果

「よし ここにしよう 決めた!」ということで 

期待に胸を膨らませ 出かけた。

店に着くと そこにはなんと「定休日」の看板が・・・   Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

本を見てみると ちゃんと定休日が書いてあった・・・。

「しゃぁーねーなー。あそこにするか・・・。」

ということで 気を取り直して お気に入りのもう一軒へ。

しかし な な なーんと!

そこも 不定休ながら お休みだった・・・。( ̄▼ ̄|||)

「こういう時 いろんなカードを持っていると 強いなー!」

とか何とか言いながら めげずに次の店へ。

駐車場に車が何台か見えたので 安心して店へ入ると

「3月16日は営業させていただきます。なお代休は18日です。」

と書いてあった。

「本当だったら 休みだったんだね ここも。」

ということで 無事食べられたのだが 最初の店に着いてから

一時間近くも経っていた!

今度は ちゃんと確認してから出かけよう。

「三度目の正直」で良かった・・・。

「二度あることは 三度ある」でなくって・・・。\(@^0^@)/やったぁ♪

写真は 雪がほとんど溶けた伊吹山。

滋賀県最高峰の山であり、日本百名山のひとつでもある。

頂上は、滋賀県米原市に位置する。

古くから霊峰とされ、日本武尊(やまとたけるのみこと)が山の神との戦いに敗れ

傷を負った地とされている。

| | コメント (0)

「土足で どうぞ♪」

Tennpo 昨日の午後 

洗濯物を取り込むために

表に出ている間に

お客さんが来た。

出てくれたお義母さんが 

「なんか ややこしそうやから出て。」

と言うので 店に出てみると

普段は誰も目に留めないような商品を 購入していただいた。

おつりを渡し 「ありがとうございました。」と

お辞儀をしたとき目に入ったのが 靴下だった!

「あっ!」

思わず 声を上げてしまったので

お客さんが「なんや!?」と反応した。

「すみませんでした 気が付かずに・・・。

ここは そのまま入っていただいたら 良かったんですけど・・・。」(~~;

「あー、そうか。いや きれいだから 脱がなあかんかなーと思ってな。」 ^^

入り口には 靴が揃えて脱いであった・・・。

ちゃんと ダスキンのオーダーマットも敷いてあるし 駐車場と一緒の高さだし

靴を脱がなきゃいけないほど”きれい”とは言えないんだけどな・・・・。

今まで 何人かが「土足のままでいいですか?」と聞いたことはあった。

しかし 初めてだ 靴を脱いで入ってきた人・・・。

マットを交換してもらったばかりだったし 明るい春の陽射しで

とってもきれいな床に見えたのかもしれない。

書いたほうがいいかな?

「土足のまま お入りください。」  いらっしゃいまーせーヾ(〃^∇^)^

| | コメント (0)

どっこいしょ!

100_2312 その昔

高校野球を見ながら

「カッコイイなー!」(*´ー`*)

とあこがれていたのもつかの間

あっという間に年下となり

そして横綱が年下となり

さらに 年下の知事が増え・・・・。

次は年下の総理大臣かー!?

昔 世界最長寿人物だった泉 重千代(いずみ しげちよ)さんが

好みの女性を聞かれ

「やっぱり 年上が良いです・・・。」と頬を赤らめて答えたと言う話に

笑った覚えがあるが 年を重ねるということが楽しいことだと思える今で

良かったと思う。

シラガも順調に増えているので(抜くのが追いつかなくなっただけだけど・・・。)

どこへ行っても まともに相手をしてもらえるし

「どっこいしょ!」という掛け声と共に動くのも 体のためには良いに違いない。

「がんばってくれて ありがとう!」という身体に対する愛情のあらわれだから・・・。

(だとおもう・・・。)

あと一月もしたら また桜の季節が来る。

その年齢なりの季節の楽しみ方もあるというものだし

今年の春はどう過ごそうか?などと 考えながら冬を送るのもまた楽しい。

そろそろ 冬将軍もお帰りになったかな~~~♪

☆写真は 届いたカープソース 今日はお好み焼きー!!(*^_^*)

| | コメント (2)

「カープソース」は いつ届くのか!?

100_2302 関西に嫁いで来て

驚いたことの一つに

「今晩の夕飯は お好み焼き」が

成立することだった!

静岡で生まれ育った私にとって

お好み焼きは”おやつ”であり 

食事代わりになるとは

考えられなかったし食べても年に数回で なじみの深い食べ物ではなかった。

そんな私が「おいしいー!ふわっふわーっ!!」と言ってもらえるまでには

話せば長~~~い物語が・・・・。

それはそれで置いといて 問題は「カープソース」なのだ!

主人がおととし広島へ仕事の関係で行った時に お土産で買って来てくれたのだが

とても好みに合ったせいか 終わってしまった後 他のソースでは 

「なんだか物足りない。」という話になり通販で取り寄せることにした。

先週の金曜日にネットで注文して メールの返事が

「月曜日発送 火曜日到着予定」となっていたため 金曜日から

「来週の火曜日は お好み焼き!」宣言をして材料をそろえ待っていた。

しかし・・・結局・・・届かなかった!!

昨日の夕方5時ごろ(まずい!どうしよう今晩のゴハン!!)と

事の重大さに気付き急遽別メニューに切り替えたのだが

頭の中は”お好み焼き”モードになっているので 身体は思うように動かない!(~~;

主人やお義母さんにも「予定変更!」を伝えたのだが 血相を変えた私に

「どうした?何があったんだ!?」と主人が聞いたほどだった!

「そうか じゃ お好み焼きは明日だな。」と笑った主人だったが 

待てよ 発送通知メールはまだ来てないぞ!?ということは

いつ届くんだ?カープソース!!

ということで 今晩のメニュー どね しよう?(ちりとてちん ”若狭”風に)

| | コメント (0)

15年ぶりの「うずら姫」

100_2301_4  先週の土曜日  
一足早いひな祭りを楽しんできた。

以前勤めていた会社の
年中行事となっている
「女性だけのひな祭り」に
毎年誘っていただいているのだが 
今年は何年ぶりかで重い腰を上げた。

現オーナー(創業者の女性)が 
「着物を着る機会も少ないし 
なかなか遊びに出て歩けない人達を誘って おひな祭りしたらどうやろ!?」と 
最初は50~60人ぐらいだったのが 先日は160人を越えた盛大な会となっていた!

ホテルの宴会場で それぞれが懐かしい方達と久々に出会えて 
大騒ぎになっていた時

「あーーー!!」
「ん?あーーーーー!!」
それが 15年ぶりの『うずら姫』との再会だった!

彼女は その会社の季刊紙「お茶にしましょ」という情報誌を
創っているライターさんなのだが その前はパートで社内報を担当していたのだ。

一緒に仕事をしていた期間も時間も少なかったにもかかわらず
15年ぶりの再会だとは思えないほど すぐにその頃のように
話が弾んだ。(お姉さんなのに タメ口ですみません。<(_ _;)>)

とっても 話題豊富で好奇心旺盛 頭の回転が速く 
なんといってもおもしろい!楽しい!
ちなみにこちらがブログです。↓
http://blog.goo.ne.jp/uzura1226
帰りに駅まで送ってもらい別れた後 しみじみ思った。
(『ちりとてちん』のナレーター 上沼恵美子じゃなくて 『うずら姫』がやってくれたら 
ドンピシャなのに・・・・。惜しいよなー・・・。)
ライターだけじゃなく ナレーターもしてくれないかなー♪ (*^_^*)v 

ちなみに『うずら姫』の「うずら」は 彼女が大学時代の落研の芸名だそうな
もったいないなー・・・NHK。( ̄^ ̄) 
(「なんでやねん!『ター』だけやん 一緒なの!」て うずら姫に言われそう・・・。 )

写真は「うずら姫のひとりごと」 サンライズ出版から 昨年エッセイが出ました。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »