« 指三本分 | トップページ | 「蛍の光」 »

ウォーキングの途中で

Photo 昨日の午後

店に置いてあるパソコンで

年賀状作成に

熱中していたら

何となく視線を感じて

顔を上げると・・・。

店の入り口のガラス戸の向こうから 覗いているご夫婦が居た。

思わず

「どうぞ、お入り下さい。

すみません ちょっと広げていますが・・・。」

そう言うと 

「いやー、今 ウォーキングの途中なんやけど 前からお宅のお店が気になってて・・・。」

そう言えば 歩いているのを何回か見かけたご夫婦だった。

それから 昔から使っている包丁の話や 刃物の話を10~15分ほど

ご夫婦でかわるがわる話をされて 

「近いうちに 絶対買いに来ますから!」

そう言って 帰られた。

町名とお名前も教えていただいたが 最近 脳がうまく働いていないせいか

すっかり忘れた・・・・(~~;

しかし ご夫婦でウォーキングの途中に立ち寄っていただいたことが とてもうれしく

後姿にも 夫婦の仲の良さが表れていて なんだか暖かい気持ちになった。

こうやって 色んな人と話が出来ることに対して 今まではなんとも思わなかったが

ほんとうは すばらしいことなんだな・・・と 思えた日だった。

当たり前と思っていること ・ 明日も同じように続くと思っていることは 

実は とっても大事なことで 簡単なことではないのかもしれない。(*^_^*)

(ちなみに うちは刃物専門店で 2年前に住宅地の中に引っ越してきた。)

|

« 指三本分 | トップページ | 「蛍の光」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔のことを話すことは 実はものすごく
脳の中のつながりを拡げて
たくさんの気付きをもたらすことになると
向田邦子さんの妹さんが エッセイに書いてたね。

老化防止になるし 痴呆症を防いで
今あることの素晴らしさに気付く 大事な人間社会の
あり方なのかもしれない。

買ってもらわなくっても 
たくさんのものを交流できるなんて
素敵なことだね!

投稿: sarabacco | 2007年12月24日 (月) 00時26分

コミュニケーションの大事さって 
普段は なかなか気付かないことが多いよね。

会話するという行為が すばらしい体験であることに気付くと 
自然と笑顔で話を聞くようになれる。

今までは 
(買わないんなら 早く帰ってくれないかな・・・?
これ 早く済ませたいんだけどな・・・。)
と思っていた自分が 情けない(~~; 

色んな人の話 これからは いっぱい聞かせてもらおう!(*^_^*)

投稿: mayan | 2007年12月24日 (月) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 指三本分 | トップページ | 「蛍の光」 »