« 求めない | トップページ | 栄養ドリンクになった。 »

レジ待ちで

100_2131 レジに並んでいる時

ほとんどの人が財布を開け

小銭がいくらあるか

一円玉がどれだけあるか

中身を確認していると思う。

私も そういう一人で 

エコバッグを取り出し

ポイントカードを確認し(違うスーパーのものを 堂々と出す時もたまにあったりして) 

小銭を数えている。

それが 普通で 常識だと思っていた。

ある日 新聞にこんな記事が書かれていた。

「レジに並んでいる人達の中で 財布の小銭を確認している人たちは 一様に

お年寄りがゆっくりと支払いをしている姿を 怖い顔でイライラしながら見ている。

邪魔だとでも言いたげに にらみつけている人も居る。

年を取ると 誰もが動きはゆっくりになり 指先もスムーズには動かない。

もう少し 優しく見守り ゆったりと列に並んでも良いのではないか。」

あー、思い当たることがある。

「○○○円です。」と言われて始めて バッグの中の財布を捜し始めるお年寄りを

見る時などは 

(何で 財布を出して置かないんだろう・・?)と イライラしてしまうことがある。

たぶん そういう時間は かかっても1分足らずで それほど目くじらを立てることでもないのに 

「早くしなさい!」と ず~~~っと言われてきた身には 出来るだけ早く済ませることに

とっても 意義を感じたりするのだ。

自分に余裕のあるときは そういうお年寄りをゆっくり待つことが出来たが

体調が悪かったり 気分的に落ち込んでいたりする時は

「早くしてー!」という念を 思いっきり飛ばしていた気がする。

にっこり笑顔で

「いいですよ ゆっくり支払いをして下さい。」

そういう人が 列の中に居るのと居ないのでは その場の雰囲気も違うだろう。

自分も将来 にらみ付けられないで済むように ゆったり生きることにしよう。(*^_^*)

|

« 求めない | トップページ | 栄養ドリンクになった。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 求めない | トップページ | 栄養ドリンクになった。 »