« 浄化の雨!? | トップページ | 宇宙の神秘 part2 »

子供たちの笑顔

Nagare343今回の新潟県中越沖地震は 

離れたところに暮していて 

ほとんど揺れを感じなかった私でも

何故かショックが大きかった・・・。

地球の規模で言ったら 同じ場所と言っても

過言でないであろう場所で 

続けざまに2度も大きな地震があるとは・・・。

そして 被災された方達のこれからを考えると やりきれない思いで一杯になる。

毎日 快適な暮らしをさせてもらっていることに あらためて感謝の念も持つ。

そんな中 避難所になっている体育館をTVが取材している時に 

4~5歳の女の子がパジャマ姿で 側転をして遊んでいるのが映し出された。

余震の怖さに 震えながら母親にしがみついている子供達も 画面には出てくるが

多くの子供たちは 将来の不安などとは無関係のように 笑顔で楽しみを見つけている。

その時々に その環境の中で 今を生きることに集中しているということか・・・?

それとも 必ず生きていくだけの援助の手は どこからか差し伸べられるという

確固たる信念が知らず知らずのうちに 身についているのだろうか・・・・?

考えたら 自分自身も 子供の頃は未来に対する不安などは 微塵も持っていなかったような気がする。

先々のことを案じ 過去のことを悔やみ 大切な”今”を軽んじていなかっただろうか・・・。

子供達の笑顔で 助けられている方達は少なくないだろう。

「失ったもの」よりも 「有るもの」に焦点をあてて 生き抜くこと。

「明日はわが身」かもしれない天災に 思う。

写真は http://www.geocities.jp/sion7700/ からお借りしました。

|

« 浄化の雨!? | トップページ | 宇宙の神秘 part2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大人は先を読んでしまうけれど 
子供は今を生きているね。

いつか すべてのことが 笑い飛ばせるように
現実を変えていく強さと勇気を 
すべての人が 持たないといけないね。

そのためには 手を差し伸べる勇気も必要!

投稿: s | 2007年7月22日 (日) 21時23分

そうだね。

日常生活の中でも ちょっと手を貸す勇気を出すことで
大きく 物事が変わることも あるよね。

「『成功』の反対語は?」の答は「何もしないこと」
と書いてある新聞の記事を読んで
「成功」の反対は「失敗」だと思い込んでいた自分を知った。

「何かをする」ということは 成功につながるんだ! 


投稿: mayan | 2007年7月23日 (月) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浄化の雨!? | トップページ | 宇宙の神秘 part2 »