« 脳が疲れている・・・。(~~; | トップページ | 幸せの青い鳥 »

ジューン・ブライド

100_1953 今頃の季節になると思い出すことがある。

学生時代 何かの催し物の帰り 団体で電車に乗った。

両側にシートのある ローカル線ではなかったかと思う。

それまでは 空いていたであろう車両に大勢の学生が乗り込んだため 他の乗客はたぶん

「この蒸し暑い時に まいったな・・・・。」と思ったのではないかと思う。

ひょっとしたら中には

「若い人達は 元気でいいなー!」と思った方も居たかも知れないが・・・。

そのうち 私の近くに居た友人達と乗客が話を始めた。

きっかけは何であったか分からないが なんと!新婚夫婦でこれからハネムーンに出かけるところだった。

「おめでとうございます!」という言葉が 波紋のように広がり 誰とも無く歌い始めた。

花嫁は 夜汽車に乗って とついでゆくの
あの人の 写真を胸に

海辺の街へ
命かけて燃えた 恋が結ばれる
帰れない 何があっても
心に誓うの

小さなカバンにつめた 花嫁衣装は
ふるさとの丘に咲いてた
野菊の花束
命かけて燃えた 恋が結ばれる
何もかも 捨てた花嫁
夜汽車に乗って
夜汽車に乗って
               1970年(昭和45年)

学生で埋め尽くされている為 歌声はどんどん広がり 大きくなっていった。

花嫁は 最初戸惑い恥ずかしそうに消え入りそうな感じだったが そのうち 涙がポロポロと両頬を伝った。

不思議な一体感で 歌っている私達も 自然に涙を流していた。

たぶん 心からの祝福をそこに居た人達が送っていたであろうし それをしっかり感じた為ではなかっただろうか・・・。

あれから 30年ほど経つ。

その夫婦は お互いをおもいやり 様々な困難を乗り越え 穏やかに暮しているのではないかと想像する。

色んな人生の交差点で 起こった出来事を 今 懐かしく思う。

|

« 脳が疲れている・・・。(~~; | トップページ | 幸せの青い鳥 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脳が疲れている・・・。(~~; | トップページ | 幸せの青い鳥 »