« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

気持ちを形にすると?

100_1956 先日 夕飯のあとかたづけの途中に

「こんばんは~♪」と勢い良く店に入ってきた女性が居た。

出てみると 満面の笑みで

「今日は ありがとうございました!

これ 食べてください。」

と 店のカウンターに包みを置いた。

そう言えば・・・。

その日 主人は古い刃物を研いだ。

お客さんから預かったのだが 手動の氷かき機の刃で 新しく買い換えたくても もう製造されていないだろうから なんとか最善の状態にしてあげたいと あれこれ試していた。

色んな工夫をしてみたが 完璧にはならなかったことを 伝えがてら配達に行き 帰ってからも

「あれだけ歪みがあるとな・・・。あれ以上の調整はむずかしいよな・・・。」と 気にしていたのを知っていたので そのお客さんであるとピン!と来た。

「いえ、いえ そんなことをしていただく訳には・・。」と言う私に

「いーえ、助かりました。

あんなにきれいにして頂いて・・・。それに これは残ったモノですから 受け取ってもらわないと・・・。」

そう言いながら 足早に車に乗り込み行ってしまった。

頂いた包みは 持ってみるとズシッと重く暖かい。

その人のお店で焼いている大判焼き(今川焼き)10個入りの包みだった。

主人の何とか使えるようにしてあげたいという気持ちが 大判焼き10個と言う形になって 目の前に現れたんだろうな・・・。

「ちゃんと研ぎ代も もらってきたし 完全には元に戻っていないことも伝えて来たのにな・・・。」

「よっぽど うれしかったんだね・・・。良かったね・・・。」(*^_^*)

それにしても・・・・。

どうする!?大判焼き10個!! ヽ(・_・;)ノ 

| | コメント (2)

幸せの青い鳥

Hana03_thumb8 今朝 かかりつけの医院に行くと 待合室に女の子が居た。

(小学校1年ぐらいかな・・・?風邪でお休みでもしたのかな・・・。)と何気なく目をやると せっせと手を動かしてコミック本を移動させている。

(???)と思ってよくよく見ていると 順番をそろえたり 高さを合わせたりしているのが分かった。

思わず「エライねー。直してくれているの!?」と言うと ニコッと笑顔を返してくれた。

その後席につくと 童話を開いて 「あお」 「とり」 「いえ」と声を出した。

漢字の読みの勉強をしているのだった。

どうやら 「青い鳥」を読んでいるようだ。

それから 音読が始まり 待合室には数人のご年輩の方も居て 思いがけない国語の授業を楽しんだ。

その女の子の物怖じしない態度や 周囲の人たちの温かなまなざしを見ていると (今の日本だって なかなかすてたもんじゃないさ。)という気がした。

「幸せの青い鳥は 外へ求めに行っても見つからない。

結局  自分の内側にその幸せを見出すことこそが 大切なんだ。

外側に決して左右されはしない。幸せは 常にそこにある。」

その女の子に あらためて教えてもらったような気がして 出会いを感謝しつつ帰って来た。

「どうも ありがとう。」(=^_^=)

写真はhttp://www.geocities.jp/sion7700/から お借りしました。

| | コメント (0)

ジューン・ブライド

100_1953 今頃の季節になると思い出すことがある。

学生時代 何かの催し物の帰り 団体で電車に乗った。

両側にシートのある ローカル線ではなかったかと思う。

それまでは 空いていたであろう車両に大勢の学生が乗り込んだため 他の乗客はたぶん

「この蒸し暑い時に まいったな・・・・。」と思ったのではないかと思う。

ひょっとしたら中には

「若い人達は 元気でいいなー!」と思った方も居たかも知れないが・・・。

そのうち 私の近くに居た友人達と乗客が話を始めた。

きっかけは何であったか分からないが なんと!新婚夫婦でこれからハネムーンに出かけるところだった。

「おめでとうございます!」という言葉が 波紋のように広がり 誰とも無く歌い始めた。

花嫁は 夜汽車に乗って とついでゆくの
あの人の 写真を胸に

海辺の街へ
命かけて燃えた 恋が結ばれる
帰れない 何があっても
心に誓うの

小さなカバンにつめた 花嫁衣装は
ふるさとの丘に咲いてた
野菊の花束
命かけて燃えた 恋が結ばれる
何もかも 捨てた花嫁
夜汽車に乗って
夜汽車に乗って
               1970年(昭和45年)

学生で埋め尽くされている為 歌声はどんどん広がり 大きくなっていった。

花嫁は 最初戸惑い恥ずかしそうに消え入りそうな感じだったが そのうち 涙がポロポロと両頬を伝った。

不思議な一体感で 歌っている私達も 自然に涙を流していた。

たぶん 心からの祝福をそこに居た人達が送っていたであろうし それをしっかり感じた為ではなかっただろうか・・・。

あれから 30年ほど経つ。

その夫婦は お互いをおもいやり 様々な困難を乗り越え 穏やかに暮しているのではないかと想像する。

色んな人生の交差点で 起こった出来事を 今 懐かしく思う。

| | コメント (0)

脳が疲れている・・・。(~~;

100_1929 最近 言おうとしたことと全然違う言葉が出てきたりして 我ながら驚くことがある。

(え!? 何だ、何だ!?今のは)

かなり脳が疲れていて 反射も鈍くなっているなー嫌だな・・・年のせいかな・・・。

DSの「脳トレ」でもしないといけないかな・・・と思っていたのだが 多分 買っても地道に続けるのは難しいだろうな・・・と思っていた。

http://games.yahoo.co.jp/games/flash/atamascam_stress/

すると さっき たまたま こんなゲームを見つけた。

脳のストレス度がチェックされるのだそうだ。

日曜日ということもあって ちょっと遊んでみた。

簡単そうに思えたが 記憶しようとすると すぐに画面が変わるので すぐに反応出来ない。それに 焦ると余計に分からなくなる。

ふ~~~む、む、む。

やっぱり 脳は疲れきっているというか 怠けて 働いていないのかもしれない。

ストレス度 50%台だった・・・・。(~~;

が、しかし 標準はどれぐらいなのか どれぐらいまでOKなのか 調べてみないとわからない。それを調べることが またストレスを生みそうだな・・・・。

それにしても もう少し脳を活性させないと このまま 老けて行きそうで怖い。がんばるぞー!!

よし、もう一回チャレンジしてみようっと!!

| | コメント (4)

人生 山あり谷あり

100_1925 先日 佐賀の「がばいばあちゃん」の話を島田洋七さんがしていた。

その中で (なるほどな・・・。)と思った話を。

*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。

人生には 山も谷もある

だけど 谷で暮らすのが普通

山のてっぺんは 記念写真を撮ったら すぐに降りてくるところ

風当たりもきついし そんなところで長い間 暮すものではない

谷には 川も流れていて 鳥も遊びに来る

木も草も花も 集まっているのは 山のてっぺんではなく 谷の方

だから たまには 山のてっぺんに行きたくなるけれど 谷で楽しく過ごすことを 考えたほうが利口

*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*

山の頂上を 仰ぎ見ながら 「よ~し がんばるぞー!!」

そう言って居る時の幸せに 気付くことが 大事なのかもしれない。

| | コメント (0)

スパイダーマン 3

100_1928 おとといと昨日の雷雨は 恵みの雨と喜んでいられないほどのすごさだった。

今日は晴れるのではないかという希望的観測もはずれ 朝起きた時はかなりの雨が降っていた。

昨日から 「晴れてたら 遠出しよう!」と言っていたのだが 朝の天気予報を聞いても 一日中雨がついて回りそうだったので 今日の過ごし方を決めかねていた・・・。

一通りの朝の家事が終わって 新聞を読んでいたら パソコンを見ていた主人が来て こう言った。

「なー、映画 見に行こうか!?」

「うん!いいね♪」

「スパイダーマン 3」

「ん!? う、うん!」

内心 (スパイダーマンか・・・。もうちょっと 他に何かないのかな・・・。)と 思ったのだが良い気分転換になるかも知れないと 雨空を見上げてそう思った。

映画館に入ったときは すでに予告編が始まっている時間で 席に着くとものの5分も経たないうちに 本編が始まった。

まだ見ていない方の為に 詳しく話すわけにはいかないが 映画館を出てから

「まさか スパイダーマンで泣くとは思わなかったね・・・・。」2人とも充血した赤い目で言い合った。

「許す」事の大切さ 「復讐心」を持つことの愚かさ

スパイダーマン3は きっと多くの人の琴線に触れるに違いない。

これから見に行かれる方はハンカチをご用意下さい。(*^_^*)

| | コメント (2)

男性のほうが みずみずしい!?

100_1919 ー夏バテを 防ぐためにー

○正しい水分補給で 健康を守る

こんな記事を 最近目にした。

読んでいて ちょっとショックを受けたのは この部分だった。

「健康な成人男性の身体の水分は

約60%

女性は約55%。

肌が乾燥しないように 気をつけているのは女性のほうなのに 男性のほうがみずみずしいなんて 少し意外ではありませんか?

その理由は 男性のほうが筋肉組織が多いからです。

筋肉の水分量は75%~80%

脂肪組織は10%~30%

ぶよぶよ太っている様を「水太り」などと言いますが 肥満体の人は痩せている人よりも 水分が少ないのです。」

え~~~!!水分は 筋肉組織のほうに多く含まれるの!?

知らなかった・・・・(~~;

それに 夏の水分補給は カフェインやタンニンが含まれていない麦茶や水のほうがいいらしい。

それは 腎臓が水分のとりすぎや不足を尿で調整しているので 利尿効果のある物質がどんどん入ってくると 腎臓が疲れて異常をきたすことがあるから。

そう考えると 昔から夏には麦茶が飲まれてきた理由が 納得できる。

それから 汗はあくまで体温調整をするためのもので 老廃物をデトックス出来るものではないとのこと。

老廃物の処理は あくまで腎臓がすること。いっぱい水を飲んで 汗をかけば 老廃物が流れ出るわけではない!と強調してあった。

ただ 食事の前やお腹が空いた時に コップ一杯ぐらいの水を飲むのは良いらしい。

新陳代謝を整えて 余分なエネルギーが体内に蓄積するのを防ぐ働きもあるそうだ。

自分の体と相談しながら 適切な水分補給をすることは 健康で夏を乗り切るには大切なことだ!何事もほどほどが良いということかな・・・・?(*^_^*)

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »