« え~、まだ生まれてなかったの!? | トップページ | 贈り物 »

どうでもいいって・・・。

100_1755 切手を買うために行った郵便局でのこと。

地元の郵便局で、局長と局員合わせて3人という本当に小さな所だが、珍しくお客さんが5人も居た。

ほとんどのお客さんの顔と名前が一致しており、私も行くと名前を呼ばれる。

電話をしていた若い男性の局員が、「○○さん、今日はどんな用事ですか?」と、座って待っていたお婆さんに声を掛けた。

そのお婆さんは、85歳~90歳くらいの感じに見えたのだが、耳が遠いのでいつもそうやって話しているらしく、何も言わず定期積立の証書を局員に見せた。

「あー、満期なんですねー!これをどうしますか?現金で持って帰りますか?それとも、このまま定期にしなおしますか?」その返事を、その場に居たみんなが聞いたと思う。

「どうでもいい・・・。」

すると、私も含め4~5人がクスッと笑ってしまった。(*^_^*)

その言い方がなんとも言えずおかしかったのもあるが、局員の一生懸命な大声に対する返事が「どうでもいい・・・。」だったので、なんだかほんとうにおかしかった。

その後も、大声をはりあげて説明する青年に対して、お婆さんは指で指図して、結局通常貯金のほうに入れることになったのだが、(決して、注目していたわけではなく、自然に知ってしまったのだ。)個人情報保護法などとは、かけ離れたやり取りが続いていて、妙におかしさが込み上げてきた。

以前には、「はい、30万円です。お確かめ下さい。」などと、堂々と大きな声で言っているのにはビックリした。お義母さんもお金を下ろしたときに金額を言われると、ドキッとすると言っていたが、最近はさすがに言わなくなったようだ。

田舎の郵便局だから、こんなやり取りができるのだろうが、これから先の郵便局はどうなっていくのだろう・・・?高齢者が安心して一人で行ける場所であり続けて欲しいと思う。

それにしても、「どうでもいい。」は良かった。(*^_^*)

|

« え~、まだ生まれてなかったの!? | トップページ | 贈り物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銀行よりも郵便局のほうが お年寄りには親切。

なんだか観念的に思っているけれど 都会では結構冷たい対応を
見るときもあるのよねぇ~・・・。
やっぱり知っている顔同士になったりすれば また対応も違うんだろうけれど
なかなか親密になりにくいご時世。

そんな時代に  「どうでもいい」って言えるくらいの信頼感はいいなぁ♪

投稿: salabacco | 2007年2月22日 (木) 21時08分

「どうでもいい」の真意が、どういうことを指しているのか、

もうひとつ判らなかったんだけど、

お年寄りが安心して話が出来る場所であることは、確かなんだよね。

みんな、イライラしないで順番を待っているし・・・。

銀行よりも、ほんわかムードで、金融機関の特有の「ピリッ」としたところが

少ないのが、やっぱり小さな郵便局の良いところだね。(*^_^*)

投稿: mayan | 2007年2月23日 (金) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« え~、まだ生まれてなかったの!? | トップページ | 贈り物 »