« ドロップス | トップページ | つながれた象 »

生後7ヶ月

100_1520_2 100_1522

今年の4月に孵化した金魚の子供は、最初300匹ほどいた。

夏の間は、どうしても水が汚れやすいので体長5~8mmほどの小さな体は、水を替える毎にその犠牲者(犠牲魚?)は数を増していった。

そして今、6匹残っており、体調3cmぐらいまでに成長した。

生餌を与えることが出来れば、夏の金魚スクイの時期に体長4~5cmぐらいになっているはずであるが、毎日ミジンコを取りに行くことも出来ず、卵の黄身を溶かして霧吹きで与えてもみたが、水がすぐに汚れるので、今は、乾燥ミジンコを細かく砕いて与えている。

魚は、固体毎に意識を持たず、集団意識で行動しているという。たとえばイワシの群れがいっせいに向きを変えることが出来るのもその為らしい・・・。

しかし、何もする気にならないときなどに、ジーッと金魚を見ていると、それぞれに個性があって、つい、ツッコミを入れたくなってしまう。

「どうして、他の子が餌を食べようとするのを邪魔するの!?アンター!!」(~~;

|

« ドロップス | トップページ | つながれた象 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドロップス | トップページ | つながれた象 »