« 十五夜お月さん | トップページ | バスを返せ~! »

見事な満月が!

100_1423 中秋の名月の6日。

朝から天気が悪く、今日は無理かな・・・とあきらめていたが、午後9時近くになって徐々に雲の切れ間が出来、ピッカピカのお月さまが顔を覗かせてくれた♪

11時頃見たときは、さらに光を増し、手が届きそうな場所で輝いていた!

昨夜見たら、かなり高度を上げていたが見事な天体ショーだった。

雲までを幻想的な光が照らし、思わず見入ってしまった。

その昔、滋賀県大津市の石山寺で、この中秋の名月を見た紫式部は、その感動から「源氏物語」を書き始めたそうな・・・。

今でも、石山寺ではこの中秋の名月を挟んで3日間「秋月祭」を行って、境内からお月さまを愛でているという。紫式部の見た月が、今でも夜空には浮かんでいる・・・。

宇宙に行くようになった人間が、地球を汚しまくって暮らせなくなり、今度は宇宙までゴミだらけにしてしまわないように・・・。月の神々しい光は、地球に住むものにとって、これからも同じ輝きを届けてくれますように・・・。

|

« 十五夜お月さん | トップページ | バスを返せ~! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十五夜お月さん | トップページ | バスを返せ~! »