« 雨にも負けず | トップページ | 夏休み »

ハチドリのひとしずく

NHKの番組で「ハチドリのひとしずく」という物語を知りました。南アメリカの先住民に伝えられた物語だそうです。

森が燃えていました

森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは
行ったり来たり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをして一体何になるんだ」
と言って笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているだけ」

この物語に心動かされた人達が、HPを作っています。若い方達もハチドリの生き方に賛同して「私にできること」をし始めているそうです。
私も、「私にできること」をします。
たとえ、ひとしずくであったとしても・・・。

森の火を消すのは、そのひとしずくの集まりである事を知っているから・・・。
http://www.hachidori.jp/ 100_1334_2

|

« 雨にも負けず | トップページ | 夏休み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨にも負けず | トップページ | 夏休み »