« 感動を伝え合う | トップページ | 生きがい »

びっくりしたなー!

100_1312 義母と買い物に出かけた。2人で会話をしながら車を走らせていると、クラクションの音がけたたましく鳴っている。
(なんだろう・・・?)と思っていると、私の右横!をむりやり一台の車が通り抜けた。

それも、こっちを向いて大声で何か怒鳴っている!
「?」すると、前で車を止め、バックして来た。
車から降りてきたおじさんの顔は、真夏の暑さと怒りとで、真っ赤になっており、明らかに目が飛んでる!

さっき、信号を右折する時、左折車はあったが、その前に左折のバイクが走っており、明らかに余裕で右折できると考えたので右折したのが、気に入らなかったようだ。

何故自分より早く曲がったのか、どっちが優先なんかを知らないのか!と、すごい勢いで怒鳴られたが、「すみません、ごめんなさい。」としか言えなかった。
隣で、母も「もうしわけありませんねー・・・。」と一緒に言ってくれた。

考えたより、あっさりと車に戻ってくれたので、(はぁー、やれやれ)と思っていると、
「大丈夫ですかー?」という声がする。
反対車線の向こう側から、警官が声を掛けてくれた。
たまたま、その付近に居たようだ。
「気をつけて運転して行ってくださいねー。」(*^_^*)と、優しく声をかけて下さった。

クラクションに気が付き、何かトラブルが起こるのではないかと、近くに走り寄ってくれたようだ。(何故そうもタイミングが良く、警官が近くに居てくれたのかはわからないが・・・)「はい、ありがとうございます。」そう声を出して、車を走らせたが、もしも警官が声を掛けてくれなかったら、そのことを引きずり嫌な気分で車を運転しなければならなかったと考え、その警官の気持ちが、ほんとうに有難かった・・・。

「いろんな人が居るなー、ほんとうに、かなんな・・・。」母が、そう言って、慰めてくれた。

変なおじさんに怒鳴られたことは、何故私に必要だったのだろうと思うが、たぶん、その後の警官の言葉を聞きたかったのだろう・・・。とっさに、そういう言葉を掛けられるような人になりなさいよという教えだったのかもしれないね。(*^_^*)v

|

« 感動を伝え合う | トップページ | 生きがい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらには初めてのコメントです。
いつも楽しみに読ませてもらってます!

怖い思いされたのですね。
連日のこの暑さでその男性ドライバーさんもイライラしていたのかな~?
いずれにしても男女には力の差があります。トラブルに巻き込まれたら危険ですから、お互いに気をつけましょうね。
でもそんな嫌なことがあっても、警察官の優しい言葉をきくために起こったことなのかな、とプラス思考で思えるなんてステキです。
見習わなくっちゃ!

投稿: ASAMI | 2006年8月14日 (月) 10時34分

ASAMIさん

コメント、どうもありがとうございました!
ほんとうは、とっても怖かったです。(^^;車から降ろされるかと思いました・・・。

でも、あれだけ怒っていたら、それを静めるのは大変だっただろうな・・・と思います。私は、そのおまわりさんに助けられて、気分がスッと収まったのですが、その人は引きずったでしょう。

警察官の不祥事が大きく報道される中、日夜地道に仕事をされている警察官のことは、あたりまえとしか受け入れられていませんが、こういうふうに、小さなことではあるけど、大切なことをしているということを知って欲しいと思ったのです。

投稿: マヤン | 2006年8月14日 (月) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感動を伝え合う | トップページ | 生きがい »