« イマジン! | トップページ | あなたの環境を考える一助に »

仲間を発見!

100_1160 2~3日前の話だけれど、雨の中、近くのスーパーへ買い物に出かけた。

歩きなのに、なんでこんなに重いものを買ってしまったんだろう・・?と、反省しながら出口を出ると、営業風の若いおにいさん(20代前半のスーツ姿)が、ベンチに腰掛て居た。

右手を上げ、手の指をひらひら動かしているのが目に止まり、つい、青年の目の先を追った。すると、そこには4~5歳の男の子が居て、にこりともせず青年を見ていた。

雨なので、その子の母親はたぶん荷物を先に車に入れに行ったのであろう・・・。その間、「ここで待っていなさい。すぐに来るから、どこへも行ってはだめよ。」そう言って、その子をそこに待たせたのではないだろうか・・・。

それを、その青年は見ていて、その子供が危なくないように、不安な思いをさせないように、見守るつもりで笑顔で指をひらひらさせ遊ぼうとしていたのではないか・・・?

私の視線を感じた青年は、ばつが悪そうに顔をこわばらせ下を向いてしまった。そして、まもなく、母親がその子供を迎えに来た。

ほんの1分ほどの出来事であったと思うが、その青年と子供の間のやり取りに、とてもほほえましいものを感じた。青年にとっては、幼い子供に向ける笑顔が自分自身の癒しになったのではないか・・・。

一人の子供を見つけたとき、つい、見守りたくなる私にとって、その青年はその時、確かに仲間であった。

|

« イマジン! | トップページ | あなたの環境を考える一助に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イマジン! | トップページ | あなたの環境を考える一助に »